[ヨーロッパスタジオ]>[藤村D、町内会ディスコ、どうでしょう?]
藤村忠寿
北海道テレビ放送(HTB)が制作するバラエティ番組「水曜どうでしょう」のチーフディレクター。 番組の企画や演出だけでなく、ナレーションや編集、出演など何役もこなしている。 ヨーロッパ企画が主催する映画祭、第5回SSMFのゲスト監督として参加していただいた。
上田 誠
ヨーロッパ企画の代表であり、全公演の作・演出を担当。外部での脚本・演出やテレビ、ラジオ番組の構成なども手がける。「町内会ディスコ」では、企画・構成・演出・編集など全てに関わっている。
<川を挟んでCD貸し借り!>
逆に、反省のほうを!
藤 村
あ、川をはさんでCD。これはねぇ。これは・・・最低(笑)!
上 田
最低(笑)。
藤 村
これはねぇ、もうちょっと工夫があるかと思った。「投げて終わりかい!」っていう。もうちょっと、なんらかの工夫が・・・。
上 田
なるほど、なるほど(笑)。タイトル聞いただけで。
藤 村
小学生でもできる。もうちょっと何らかの手段があると思ったの。大人なりに、工夫を凝らして。
上 田
ただね、これも言いわけを(「CD貸し借り」ディレクターの)本多くんに代わってさせてもらうと、これを撮影する前に駐車場を探して2時間ウロウロしてしまったということによる、テンションの下がりが・・・。
藤 村
(笑)! なるほどなるほど、駐車場がね。
上 田
っていうのがあった、というのは聞いてるんですよ。
藤 村
であれば、そこを出していったほうが、視聴者には伝わる。
上 田
そうですね。ああー、プラスアルファ。これ要は「川をはさんで、CDをフリスビーのように貸し借りする」って、それを言った瞬間、盛り上がるじゃないですか。それで、まんまそれを信じて行ってしまうという。
藤 村
そうそう。この場合はね、その「自分たちの浅はかさ」のほうに焦点を当てて。
上 田
(笑)!!
藤 村
VTRは短く。
上 田
なるほど、逆に、反省のほうを!
藤 村
アフターのトークのほうに、重きを置いたほうが。
上 田
メタに1回逃げてしまうほうが、まだ勝算がある。
<シュウォッチオトナ連射対決>
見てしまうんですよ
藤 村
これは意外と、意外と面白かった。
上 田
これ、そうなんですよね。ロケってほんと、やってみないと分からないもんですよねー。
藤 村
これは、それぞれの工夫とか、必死に考えるっていう工程があるから。ものさしみたいなのでバーッとやる、とか。ま、君らの場合はね、明かに失敗前提なんだけど、もしかしたらっていう期待も、見てるこっちはあるわけですよ。
上 田
何か起こるかもしれない、という。
藤 村
そう。実際にやってみる、ということの面白さが、ここにはありましたね。この場合はバカバカしけども、結果が見えないから、やっぱついつい見てしまう。この、「大人ならではの方法で」っていうのが非常にいい。
上 田
ああ、このネーミングが。よかったです。
藤 村
で、ものさしも確かにね、「子供のころだと、こんな高いものさし買えませんよ」というのも、非常によく分かる。こんなもののためにね。でも、大人だったら1,000円もしないようなものさし、いくらでも買えるわけじゃない? これはいいですよ。電動ハブラシっていうもの、なかなかそうか! と(笑)。
上 田
金と知恵のある、今。
藤 村
今! 今、あえて。これだったらねぇ。俺も考えたくなってしまうもん。
上 田
ああ、やりかたを。
藤 村
うん。これは、非常にいいですねぇ。
上 田
なるほどー。
藤 村
こうなるともうね、このヨーロッパハウスのショボさにね、もう目が行かなくなる。
上 田
ああ、ここまで企画がちゃんと・・・(笑)。
藤 村
もう企画のほうに、目が行ってしまう。
上 田
最初はちょっと、どうしても服であるとか・・・。
藤 村
ありますけど、今、服のことはもう、一切ないです。(酒井・山脇チームの連射を見て)これは、いくと思いましたよ。ほらだって酒井くんの手袋も、若干高級でしょ? さっきの軍団は、軍手だったでしょう? ここらへんもやっぱり、酒井くんの坊ちゃんキャラみたいなのが。
上 田
僕らでさえ、つっこんでないようなところを(笑)。
けっこう中川シフトなんです、これ
藤 村
・・・たまに見える中川くんが、やっぱり気になるんだよ。「いつ、喋るんだろう」って。
上 田
ああ、後ろで。ときどき、喋るんですよね。
藤 村
中川くんのポジショニングっていうのも、非常にいいですね。
上 田
いいんですか(笑)?
藤 村
あれは、いいポジショニングだと思いますよ。ツウになってくると、だんだん中川くんが気になってくる。
上 田
ああー、多重性があるわけですね。番組の奥行きが。
藤 村
奥行き、ありますよ。それを醸し出してるのが、中川くんの存在だね。
上 田
たまに、見切れる。
藤 村
そう。「意外と楽しそうにやってんだ」っていうのもあったり(笑)。
上 田
覗き見してるところとか。
藤 村
もっとそれは、自分が自覚すると・・・。今、ちょっと見ましたよね。あれを、自分で出しかたが分かってくると、ふつうのときは若干、体勢をうしろにして「つまんねぇことやってんなぁ、コイツらは」って感じだけど、たまこう来て「ふふっ」って笑ったり、ていうのがあると、さらに番組に奥行きが出てくる。
上 田
ああー、そういう。『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』のジャイアント馬場さんみたいな。
藤 村
ずいぶん古い例えを(笑)。だから、わりと中川くんは、端っこよりも、後ろのセンターあたりに常にいてもらうと、いいですね。
上 田
後ろで、いい。
藤 村
後ろでいいです。前に出てきたら硬くなっちゃうから。
上 田
絵づらも、全体的に・・・。
藤 村
よくない。・・・今、喋りましたね、中川くん(笑)。
上 田
しかもこれ、中川さんが喋る顔を抜くために、画面左端のロゴを薄める、という・・・。けっこう中川シフトなんです、これ。
藤 村
なるほどなるほど。そこまで気をつかってね。・・・ああー今、薄まりましたね(笑)!!
上 田
薄まって・・・ここで濃くなる、という。中川シフト。
藤 村
中川シフト。それは大事なことですね。これは、面白かったです。