[ヨーロッパスタジオ]>[藤村D、町内会ディスコ、どうでしょう?]
藤村忠寿
北海道テレビ放送(HTB)が制作するバラエティ番組「水曜どうでしょう」のチーフディレクター。 番組の企画や演出だけでなく、ナレーションや編集、出演など何役もこなしている。 ヨーロッパ企画が主催する映画祭、第5回SSMFのゲスト監督として参加していただいた。
上田 誠
ヨーロッパ企画の代表であり、全公演の作・演出を担当。外部での脚本・演出やテレビ、ラジオ番組の構成なども手がける。「町内会ディスコ」では、企画・構成・演出・編集など全てに関わっている。
<すべて妖怪のしわざ>
これをメインでやってしまうと
藤 村
ああ〜次、永野くんのね。
上 田
そうです。だんだん、ツウ好みになってくるんです、やっぱり。。
藤 村
これは・・・喋ってるときは面白いけど、いざやってみると面白くないっていう典型ですね、これは。サイド的なもので「これは何とか妖怪じゃない?」とか、喋ってるときにプッと言われると面白いんです。でも、これをメインでやってしまうと、キツイっていう。
上 田
(笑)! VTRまでいくと・・・。
藤 村
ブイまで行くと、ダメっていう。
上 田
ダメなパターン。
藤 村
ちょっとしたブイの間に、というか、ブイの中で通して、永野くんはこれをコンセプトに何か喋ってるっていうんだったら、まだ分かる。メインでやってしまうと・・・。これはやっぱね。3、4日やらないと。何十分かでは、面白さはやっぱり・・・。
上 田
なるほど(笑)。
藤 村
もうみんなが飽きたころになって「まだ言ってんのか」っていう。
上 田
じゃあ、この番組が仮に続いたときに、ずっと言ってる、とか。
藤 村
そうだよね。
<八老劇団>
「やらされてる感」があるよね
上 田
これ、どうですか? 八老劇団。中川企画。
藤 村
ああー。これはやっぱりねぇ。いわゆる取材ものでドキュメントなわけじゃないですか。これはやっぱりね、かなり難しいですよ。
上 田
ああ、カメラが。
藤 村
カメラもそうだし、手間もかかるし、ババアたちたくさんいるし、順番追ってかなきゃいけないし。何より『サマータイムマシン・ブルース』っていうもの自体の存在をきっちり分かってないと。
上 田
そうなんですよ。
藤 村
話がいきなり変わった、とかなんだとかっていうところが、なかなか伝わりにくいから。これは、難しいんですね。
上 田
その、元ネタがね。
藤 村
この中でいえば、一番大がかりなわけじゃないですか? 難しいよ。
上 田
そうなんですよ。こういう「ロケもの」ってだいたい、行ってる側の気持ちが上がってしまってるっていうことが、やっぱありますから。そこの見極めというのが。
藤 村
ここで中川くんをセレクトしたのは「中川くん以外ありえない」という企画なんでしょうけどね。これ、見てるときの顔なんて、非常にいいよ。
上 田
あの顔は、良い顔ですか(笑)。
藤 村
うん。「やらされてる感」があるよね。
上 田
これは、大ネタというか。
藤 村
そう、大ネタ。ただ、この中で一番面白かったのは「寝たきりよりも出たきり」っていう・・・。
上 田
八老劇団のキャッチコピー(笑)。
<上島珈琲>
火種のような企画ですね
上 田
これです。問題の。
藤 村
まあ、うまいんだろうなぁっていう(笑)。これは、集合したヤツらがいた絵が、まあ全てだよね。
上 田
ええ(笑)。
藤 村
もっさーい感じの。顔見りゃこっちは全員分かって「いつもと一緒じゃねーか!」っていう。「おまえら、それしか友達いねーのか!」と、いうくらいの人たちがね。もっさりした感じで集まって。で、「まあ、うまいと言われればうまいですけど」っていう。
上 田
これはだから、どっちかというと、VTRとかの完成度というよりかは、これをめぐって議論になる・・・。
藤 村
そうそう。その議論を必死に言ってるのが上田くんですよね。「うまいかどうかが問題ではなくて、これをここに挙げること自体が問題じゃないのか」と。
上 田
そうそう、企画そのものが。だからこれに関しては、どっちかと言うともう、火種のような企画ですね。
藤 村
うん、そうだね。この企画に対する否定意見っていうのが、最終的に一番、きっちりと言っておかないと。
上 田
そうなんですよね。やっぱグルメものって、究極のところで伝えられないっていうもどかしさがあるじゃないですか。テレビで、味・におい。それを、逆手にとった企画です、これは。
藤 村
なるほどね。モノ自体、映してないわけですからね
上 田
そうなんですよ。
藤 村
一切、映してない。俺は「缶コーヒーなのかな」ってね。分からないから。
上 田
これは、中で撮影許可をどうこうっていう煩わしさを一切回避した・・・。
藤 村
そうですね。それは、いいんじゃないですか。
上 田
「いずれにせよ、テレビで味が伝わらないんなら、モノも映さなくていい」という、この、配慮ですね。配慮というか、割りきり。


上 田
これが、第一弾ですね。
藤 村
第一弾の中で言えば、やっぱりイエゴラ。
上 田
イエゴラ!
藤 村
イエゴラと、意外と、連射のやつね。これは、よかったですねー。
上 田
ああー、そうですか! なるほど。