上田 なので、まあ迷ってる方は是非飛び込んで頂けると嬉しいなっていうね。
中川 なんかあれなんでしょ?去年よりチケット売れてないんでしょ?
上田 あ、実はそうなんです。
中川 それがだからさー、タイトルに僕の名前が入っちゃってるからさ、去年より何枚売れてないですって連絡がくると、怖いわけですよ。お前のせいだって言われてる感じがして。俺がやりたいって言ったわけじゃないんだけど、やっぱ責任をね。
上田 あーやっぱり思ってました?
中川 まあそりゃ思うよねー。その可能性もあるからね。
上田 まあ、去年の「石田のマトリョーシカ大作戦!」でグッとお客さんが増えたんですよ。で、今年がまた元の木阿弥と言いますか、それもあって。
中川 あー。だからさ、去年があんまりだったから、今年行くの止めようって人もいるかもしれないからね。
上田 それは可能性ありますけど。
中川 石田のせいっていうね。
上田 まあ一昨年までは、イベントにしてたんですけど、やっぱり劇団なんで、まあ劇にしていこうよっていう流れが僕の中で出来はじめまして。それの2年目なんで、パワーアップしてると思うんですよ。
中川 なるほど。去年初めてのことをやって、それを踏まえての今回だもんね。
上田 そうです。
中川 よくなるのは間違いないもんね。反省踏まえての。
上田 はい。そうなんです。ですので、ぜひ来ていただきたいですね。と、まあ、以上ですかね?
中川 うん。
上田 じゃあ、これちょっとテープ起こしを…。
中川 うん。
上田 今ちょっと人手がいないんで。
中川 はい。やりますよ。
上田 なんで、これ読んでるお客さんも、あーこれは中川さんが、自分で手で書き起こしたんだなと。
中川 そうね。
上田 それも含めて楽しんで頂いて。
中川 たまに誤字とかを入れてみたりしてね。
上田 とか、アタマの文字を繋いだら、中川さんからのメッセージになってるとかね。
中川 縦読みをね。
上田 じゃあ、そういうわけで、縦読みも入れてもらって。
中川 うん。…いや、縦読みはやらないけどね。
上田 では、よろしくお願いしますー。
中川 はーい。

もどる