>[イベントCheck it out]


どーも、土佐ッス。学生時分はクラブイベントなんかにも足繁く通っていましたが、最近ではすっかり食傷気味で、なのでこのコーナーではそういったナイトイベントよりもむしろエッジの効いたデイイベントを、ミラーボールとドラッグに辟易したキミに紹介できればと思います!NO EVENT NO LIFEってことで。

第1回  古着交換会 第2回 妖怪仮装行列 第3回 区民ペタンク講習会  第4回 京都銭湯KING 第5回 うたごえ喫茶
第6回 大もちつき大会 第7回 グランドゴルフ 第8回 みんなであそぼう 第9回 いきいき筋トレ 第10回 イベントチェキラ
第11回 ダンサー・イン・ザ・ダーク 第12回 京都市成人の日記念式典 第13回 ふれあい朝市 第14回 HEP HALLからの脱出 第15回 渋谷大好き
観光写真コンテスト
       



第11回


くーもーりガラスの向こうは風の街〜♪さむいッス!

そんな中いよいよやってきたぜー!イベント好きのイベント好きによるイベント好きのためのイベント!!前回の予告通り今回は土佐和成初プロデュースイベントの開催だー!!と思ったんだがさすがの俺っちもいきなり地域住民を相手にするのが怖かったのでまずはヨーロッパ企画メンバーを相手にイベント開催してみたぜ。

念のため前回挙げたイベントを開くにあったての大事なポイントを紹介しておこう。
その1 フライヤーとイベント名は大事にしろ!
その2 イベントは室内で行え!
その3 参加者のストレスを発散させてやれ!
その4 イベント時間は短ければ短いほどよい!
(詳しくは前回スクラップを参照。そこにもっと面白おかしく書いてるぜ。)

オーライ、それらの条件をすべて含んだイベント…もぅみんな答えは分かるよな?今回俺っちが用意したイベントはこれだ!!せーの!「ダンサー・イン・ザ・ダーク!!」




OK、100点だ。わかんねぇ奴の為に一応紹介しておこう。ルールは簡単だ。
1、プレイヤーは目隠しをする
2、目隠しをしたままi-podなどを用いて大音量でmusicを聞く。
3そのミュージックに合わせて踊り狂い、自分を解放する。
4他のプレイヤーはそれを見て笑う


今回はこれHERE WE GO!!

いたってシンプルだろ?目隠し+大音量でプレイヤーを完全に自分だけの世界に入れてやり、羞恥心と自意識を取り除いてやる。そしてその状態で踊り狂うことによって心も体も解放できれば大成功だ。他のプレイヤーもそれを見て笑うことが出来ればさらに倍。倍々イベントだ!

すべての準備は整った、あとは参加者がくるのを待つだけだ。さすがに主宰者になれば緊張感が走るぜー。





そして定刻18時イベントはスタート!まずは会長おれっちが挨拶をしてイベントの内容を説明する。




みてみて、参加者のイベント内容を知った時の興奮しきった顔つき。




そして続いて準備運動。




これも基本だからね。さっ、体もあったまったところで早速はじめっかな。



まずは最初の参加者が目隠しをしてi-podを装着。




さぁ、宴の始まりだ!行くぜぇ、曲はオレンジレンジ「イケナイ太陽」。
musicスタート!! 「イケナイ太陽〜♪」




ハハハいい感じだ!そうだもっと自分を解放するんだ!踊れ!狂え!ダンスダンスダンス、
暗闇をめぐる冒険だ!!他のプレイヤーの反応は?おいっ、爆笑してんじゃねーか!!




OK、倍々ゲーム成立だ!



これで完全に会場はヒートアップ!!我先にとダンスしたがる参加者達。




  

そして最後の参加者が踊りはじめた時




にイベントの神が舞い降りた。「逃げよう!」自分だけの世界に入りきってる参加者を残し会場をでる。
笑いながら外で見守る参加者たち。




なにもしらないプレイヤー。




しばらくするとプレイヤーの姿がみえなくなる。しまった気づかれたようだ。
さっ、一通り笑ったしみんな戻ろう。
あれっ、プレイヤーの姿がねぇ?あれ?どこだ?おいっ、廃人になってんじゃねーか!




カーニバルからお通夜に叩き落とされてんじゃねーか!!
バカヤロー、こんなに震えやがって… ボウズもぅ大丈夫だ 俺っちがそばにいてやるからよぅ。





そしてここですべての参加者のダンスが終了しイベントも終了。
イベント時間は約30分。お疲れ様でした!


はじめてのイベントにしてはかなり完成度の高いイベントだったように思います。イベント成功のポイントは全て押さえてましたからね。しかしながらいくらイベントの神の悪戯とはいえ、心と体を解放するイベントで全てを閉ざした参加者をだしてしまったことは許されることではないでしょう。もしこれがヨーロッパメンバーでなく地域住民だったら実刑は免れなかったでしょう。よって今回のイベントは


10点。

まだまだ自分でイベントを開くには勉強が必要なようだ。