< 土佐和成のイベントcheck it out [ヨーロッパスタジオ]>[イベントCheck it out]


どーも、土佐ッス。学生時分はクラブイベントなんかにも足繁く通っていましたが、最近ではすっかり食傷気味で、なのでこのコーナーではそういったナイトイベントよりもむしろエッジの効いたデイイベントを、ミラーボールとドラッグに辟易したキミに紹介できればと思います!NO EVENT NO LIFEってことで。

第1回  古着交換会 第2回 妖怪仮装行列 第3回 区民ペタンク講習会  第4回 京都銭湯KING 第5回 うたごえ喫茶
第6回 大もちつき大会 第7回 グランドゴルフ 第8回 みんなであそぼう 第9回 いきいき筋トレ 第10回 イベントチェキラ
第11回 ダンサー・イン・ザ・ダーク 第12回 京都市成人の日記念式典 第13回 ふれあい朝市 第14回 HEP HALLからの脱出 第15回 渋谷大好き
観光写真コンテスト




第14回


♪ゆう〜べ眠れずに〜泣いてい〜たんだろ〜♪どーもー、土佐っス!おかげさまでヨーロッパ企画第26回公演「あんなに優しかったゴーレム」ツアーも大盛況で残すは東京公演のみとなりました。あーざーっす!!さぁてひとあし早いけどがんばった自分へのご褒美でも買いに浪速のオシャレスポット「HEP FIVE」にでも行こうかねぇ。クジラでも見てビックラこいたろかねぇ。ん?あれは?どこかでみたことある字が……



「HEP HALLからの脱出」企画制作HEP HALL/SCRAP




あらっ、SCRAPちゃん!なになに?「このイベントは、実際にあなたが謎を解いて、閉じ込められた部屋から脱出するゲームイベントです。」おいおい、SCRAPちゃんSCRAPちゃんよぉ。「イベントです。」?「イベント」ときましたか?きちゃいましたか?きちゃいましたねぇ・・・。イベントときたからには俺黙って通りすぎる訳にはいかないっすねぇ……。オシャレとイベントが落ちてたら俺イベントひらいますよねぇ…。俺、いっちゃっていいっすか…?挑戦状と捉えて構わないっすか…?どーしますかっー!?それではご唱和ください、いくぞっーーー!1、2、8階、HEP HALL、ダッーーー!!



今回はこれHERE WE GO!!

会場に到着したところで、早速このイベントの企画制作者SCRAP編集長加藤ちゃん(左のちょけた帽子の男)に遭遇。





加藤 「ご来場ありがとうございます。最後までごゆっくりお楽しみください。」
土佐 「フンッ、このイベントいい意味でぶっ壊してやるよ。」



バチッと宣戦布告を済ませ部屋へ入る。そこにはすでに数々の謎が仕掛けられている。




おもしれぇ。俺っちワクワクしてきたぞ。とうとう日頃鍛えたイベントスキルを加藤ちゃんに見せつける時がきたようだな。加藤ちゃん、余裕かましていられるのも今のうちだぜ。はっきり言う!今の俺っちにかなうイベントなんてねぇ。こんな部屋5分もありゃ全ての謎を解いて脱出してやるぜっ!!参加者は約30名。



みんな安心しろっ!俺っちがこの部屋からすぐに脱出させてやるからな!大丈夫だ、おびえる事はない!君たちに明日はある!!


そして加藤ちゃんが諸注意を済ませ開始の笛を吹く。「制限時間は60分!よーい、スタート!!」さてとやるとするかね、と腰を上げようとしたその時誰かが叫んだ。「みんなー!まずは椅子の下を探せっーー!!」そしていっせいに椅子をひっくり返し始める参加者達。



そして次から次へといろんな物をひっくり返し始める。




「こっち、ありました!」「こっちにもありました」次から次へと暗号のようなものを見つけ出す参加者たち。




「あと1つレールがどこかにあるはずよ!探して!!」




「ここを押せばこのランプが光る。他のどこかにまだスイッチがあるはずよ、急いで!!」……。
なんなんだ、このイベントのスピード感は!!
普段じじいばばぁばかり相手にしてるからなのか…、まったくついていけねぇ…。完全に取り残された俺っち。




しかしそんなことお構いなしに脱出三銃士を中心にイベントのスピードはグングン上がっていく。

脱出三銃士「この光をこうすれば…、できた!!」。




脱出三銃士「君もボヤっとしてないでその資料に何か隠されてないか探して!!」
土佐 「は、はい。」





そしてその後もどんどん謎を解いていく参加者達。完全に流れに乗れず取り残された俺っち。




そしていよいよ謎解きは最終局面へ。何1つみんなの力になれずイベントプライドをズタズタにされて立っているのが精一杯の俺っち。もう嫌だ。もう帰りたい。もう逃げたいよ…。
いや、逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ……、そう逃げちゃだめだ!!
俺はこの部屋から脱出するために生まれてきたんだーー!!土佐っち覚醒!!よしっ、これが最後の謎。




うん?頭の文字?「○なサ○ノサガしていルさイゴ○か○は○イビイんノむねポけつトノなか」???「警備員のポケットだーーー!!」あったあった!鍵があったぞーーー!!



よしっ、脱出成功だーー!!



みんな脱出よかったね、お疲れ様でしたー!!



いやぁ、完全に流れにおいていかれちゃいましたね。一人だけ厳島流にいる気分になっちゃいましたからね。このスピード感はまさにイベント界のレーザーレーサーといっても過言じゃないでしょう。謎の難しさもさることながら、参加者の意欲と能力の高さ。どれをとっても正直いつものイベントと比べものになりませんでしたね。完敗です。スピード、これを地域イベントに持ち帰りたいと思います。おみやげ、あざっーした!よって今回のイベントは

5点。

ほんとに悔しかったからいじわる点つけてやりました。