[ヨーロッパスタジオ]


SFにゲームにと、理系デジタル世代劇団の名を欲しいままにしてきたヨーロッパ企画ですが、ふと初心に帰って周りを見渡すと、古都・京都に住んでいました。心霊スポットのメッカじゃん!

というわけで、この企画は、オカルトを積極的に肯定していくスタンスで、京都の心霊スポットに足を運び、怖がったりして霊の出そうな感じを高めつつ、ついにはデジカメで霊を捕らえてしまおうという、エポックメイキングな心霊ツアードキュメントです。

第一夜 清滝トンネル   第二夜 深泥池  第三夜 宇治川ライン  第四夜 首塚


第三夜 宇治川ライン (うじがわらいん)

そろそろバシッとキャプチャリングしたい第三夜は、毎回スポットの先頭を歩く造形スタッフ・丹原の案内のもと、暴走族の峠攻めのメッカ・宇治川ラインへ行ってみることに。ここは「首なしライダー」が現れることで、バイク乗りの間では有名なスポットである。ちなみに丹原自身も、過去にこの宇治川ラインをバイクで走行中、不可解な事故に遭遇しており、個人的にも因縁のある場所だそうで……。

【参加メンバー】
石田 本多 山脇 伊藤 永野 西村 諏訪 松田 酒井 丹原
(造形スタッフ)
吉永
(制作スタッフ)

行った日:2004年9月30日(木)




■宇治市内

午前0時過ぎ。今夜は丹原さんの運転で、宇治川ラインを目指す一同。
京都市街を南へ30分ほど走り、宇治市に到着。
途中コンビニに立ち寄ったところで、永野、おもむろにビデオカメラを皆に向ける。

諏:えっ? これってもうカメラ撮ってんの?
永:……(脅かすように)あたりまえだろ! 
諏:うわあ(笑)。始まるとか言えよー。
永:ゴーストキャプチャーズ始まります。今回も体張ってロケしたいと思います。
酒:いつ死んでもおかしくないからな……。
石:「地獄行きツアー」でしょう?これは。
永:えっ?
石:これは、地獄に行ってしまうツアーなんでしょう?
永:……文字どおりそうならなければいいけどなあ! 
石:あははは(笑)。
伊:あの今回始めて来たんだけどほんとに怖いの?
永:あっ! 伊藤紘介。     
諏:おっ! なんか珍しいキャラが居るね。
酒:今回初めてですね。


車に乗り、走り出す一同。

永:えー。あのですね。今日はですね、首なしライダーが出るというね……。
諏:えっ? 首のないオートバイ乗りが!?
永:イエス(笑)。そうです。首のないオートバイ乗りがマシーンにまたがり滑走してるという噂を聞きまして。
   なんでもそのライダーは走ってる車の車内をピューッと通り抜けていくらしいんですよ。
全員:えっー! 
諏:じゃあ、こう、今真ん中に腰掛けてる石田を轢いて通りぬけるじゃん。
永:そう(笑)そう、轢いて。でまた、目的地を目指して行くライダーがいるらしいですよ。
諏:どこが目的地なんだろ?
石:地獄でしょ?そいつの目的地は。(しつこい)
丹:自分の首を探してる。
石:地獄に向かってるんだって。
永:自分の首を探しているそうです。
本:もしかして、ばったり会ったら自分の首持っていかれたりしちゃんうんですか?
永:えっ?
本:……あっ、そういうのはないんですか。
永:……しゃくれてて何言ってるか分かんない。
諏:(笑)しゃくれてるから。
酒:関係ないじゃないですか。




■宇治川ライン

道に、鳥居が立っている。

丹:今から鳥居を抜けます。
永:おっ! 鳥居をくぐり抜ける。
諏:車ごと通り抜けるということは……えーっと、あの……別になんにもないよ。
永:なんもないの(笑)。なんかに例えてくれるのかと思った。


鳥居を通過する。
山道に入り視界が悪く、曲がりくねった急カーブが増えてくる。
丹原、慣れているのか険しい道にかかわらず、スピードを緩めずぐいぐい突き進む。


諏:怖い! ちょっと……。
永:道がうねってる……車酔いしそうな。
丹:昔、モトクロスしてたときよく通っててん。
永:バイクで。
諏:ちょっと、このカーブ道ひどいな……あっ! 前から車来た! 
永:おっ! 車……ああ……、首のあるドライバーが通りました。
諏:首なしドライバーじゃなかった?

後方から、バイクの大群が迫ってきている。


永:んっ! これやばい、あれは暴走族だ。
諏:暴走族だから! はしゃいでたらやばいっ! 
永:やばい、やばい。
全員:うわー! 

皆、できるだけ身をかがめて目立たないように心掛ける。
猛スピードの暴走族が次々と追い越していく。

 
酒:うおっ! 
諏:ちょっ! ちょっ! ちょっと! 
永:これ、暴走族が怖いわ〜。
諏:なんだこれは?
丹:走り屋スポットでもある。
伊:首なしライダーよりあいつらの方が怖いんじゃない? 
西:今日はスリリングですね。
諏:今日は非常にね。

ガードレールには死亡事故多発の看板。
酒井、サンルーフから上半身を出して、看板や、まわりの樹海などをキャプチャーし始める。


永:おっ、ちょっと、首切れるよ、酒井! サンルーフから頭出してたら。
諏:酒井の首がバッーっ切れて、バシッと首なしライダーの頭になって、 
   代わりに酒井がライダーになってダッーってどこかに行ってしまうよ。
皆:(笑)
永:そんな奇妙なことがおこってしまうの(笑)。
諏:酒井の首がライダーとダイレクトにくっついて。
酒:いやいや。(笑)
諏:ライダーが代わりにここに乗って、酒井はバイクでどこかへ行ってしまう。
酒:ライダーが仲間になるの? (笑)
諏:ライダー、ヨーロッパ企画入り。 
酒:ライダー、すごいな。


またまた、後方から暴走族が迫ってくる。


本:あっ! 後ろ! 来た! 
全員:うわー! 
永:えっ? また来た?
諏:星がきれいなのにまた来た! 
永:ヤバイ! 追手が来たよ! 追手が! 
諏:やばい! めちゃめちゃ来てる! 
永:捕まっちゃったらきっとボコボコにされる! 
本:やばい! やばい! 来てる来てる! 
永:不良がいっぱい!  
諏:首なしライダーじゃないの?
本:首なしライダーの大群! 
永:勘弁してくれよー! 
諏:首なし暴走族がいっぱい来たー! 
全員:キャー! 
永:やべぇーな……ここ今までの中で一番怖いんだけど……ちょっと……これ、ほんとに険しい道だな。


道端に、バイクから降りた人が座っている。

諏:あっ! 人だ!
永:ほんとだ! 人が座ってる! 
諏:首ありライダーだ。
石:インタビューしたいな。
酒:何処にでもいるライダーじゃないですか。
永:くそっー! どいつもこいつも首がありやがって!(笑)




■謎の事故現場

暴走族を警戒しつつ、キャプチャーしながら事故現場を目指す一同。
山道が深くなるにつれて、辺りは霧が次第に濃くなってきた。
そして、事故現場に到着。カーブの横の空き地に停車する丹原。





永:え? ここどこですか?
丹:たぶん昔、俺が事故ったところ。俺のライディングテクニックやったら、絶対こけるような場所じゃないのに、何故かいきなり前輪がジャーって滑り出して。
永:「俺のライディングテクニックやったら」(笑)。
石:えっ、ここがそうなんですか?
丹:ここや。たぶんここや。それがめちゃくちゃ怖くて。バイクごと流されてドンって看板にぶつかって、それに「この場所で死亡事故がありました」って書いてあって、鳥肌立って。
永:うわあ。
酒:その例の看板は見当たらないですね。
丹:小さい木のふだみたいな感じ。  
伊:ちょっと降りてみましょうか。

皆、車から降りて、看板をさがしてみることに。

伊:あっ! なんか臭い! 
酒:ほんとだ。臭い。
石:そんなの死体が転がってるからだろ! 
永:バシッと決め付けたねえ(笑)。
石:(笑)
永:臭いな。納豆臭い。
諏:酒井が猫臭い。
酒:ちょっと。
本:(探して)ないなあ。
伊:看板?
丹:(見つけて)うわあー! これや! これや! 
皆:え!?

丹原、看板に直面してうろたえている。
尋常じゃないうろたえぶり。




永:え、なに? びっくりしたー! 
丹:(看板を指差して)これや! これや!

皆、丹原のまわりに集まる。



諏:なに? あったの?
丹:うわぁー。これや。
永:ああ! ほんとだ! 
本:うわー、なにこれ! 
諏:うー! 怖い怖い! 
石:これは無理! これは無理! 
丹:ここやー! びっくりした。記憶がフラッシュバックした。(興奮状態)
酒:(看板の)文章がヤバイ。文の書き方が。
伊:これは怖いわ。
諏:うわぁー! ブルー、ブルーになる。
丹:俺、これにぶつかったんよ! 転ぶわけないのに、なぜか前輪が流されるように滑って……(動揺してる)。
永:大丈夫ですか?
諏:ここはマジやばい。ほんとに人、死んでるんや。
石:もう、もう、もう、もう行こう。
永:もうね、行こう。
丹:酒井! 運転代わって! 
酒:(笑)イヤですよ。
丹:代わって! 
酒:いや、イヤですよ(笑)。こんな所、来たことないですもん。
本:(ペンキ塗るコロコロのやつ持って)コロコロが落ちてる、コロコロが。
永:馬鹿! 持たんでいい! 気持ち悪い! 
本:これもなんで落ちてんの?
諏:事故った車が落としたに決まってるだろ! 
本:ひー。拝んどこう。

皆、手を合わせて拝む。
そして、慌てて逃げるように車に乗り込んで出発する。














■火の玉

丹:(運転しながら)ほんまさっき怖かった。
永:びっくりしましたよ。丹原さんのびっくり加減にもびっくりしたもん(笑)。
諏:ほんと、びっくりしてたもんな。
永:もう、落ち着いてゆっくり行きましょう。
丹:何? この霧。
永:すっごい霧。前がほんと見えない。進めんの?
諏:やばいな。
丹:ああー。なんかもう、イヤや。気が滅入った。
永:もういいか。
諏:もういいね。 撤収。
女子たち:(悲鳴)きゃー! 
永:びっくりした。 なに? どうしたの?
女子たち:(興奮した様子で一斉にしゃべっている)
諏:もうなに? 
女子たち:(パニックで、何を言っているのか分からない)
諏:ちょっと。冷静に、冷静な人が説明して。
本:(興奮して)なんか火の玉のようなものが横切ったんですよ。
永:え? まじで? 火の玉。
本:そんなに大きくないですけど小さい花火みたいなものがヒュ―って。
諏:意味がわからんな。

などと、皆、シリアスな感じになる。

丹:あ、それ多分俺や。
酒:丹原さんのタバコ?
丹:うん。窓開けてるから灰
が。
全員:(笑)
石:今の、全部、ビデオに入ってますから。
永:はい。 ちゃんと記録してます。(笑)
石:ちょっと、 本多が一番きつかった。
伊:話、誇張してね。 (笑)
諏:火の玉とか言ってたね。
石:実は、丹原さんのタバコだった。(笑)
西:ああ、なんだ。よかった。
諏:なんか ホッとした感じになってるけど、本多は恥ずかしいから。(笑)
本:いや、いや。
石:安心した空気になったら駄目ですよ。本多がキツいのは変わらないから(笑)。
本:(女子に向かって)よかったな。
石:(笑)いやいや。相当、減点対象よ。今のパニックは。




■神社

滋賀方面から帰る途中、丹原が車を停車させる。
そこは、なんだか古びた神社である。   

 

永:わわわっ。またなんか妙な所だよ。
石:なんで停めるんですか?
諏:心霊スポット?
丹:別にスポットじゃないけど、独りで来たときめちゃくちゃ怖かった。
永:独りで行ったんですか?
石:参りました。
永:(笑)もう? もうこの時点で完全に降参。
石:はい(笑)。もうごちそうさまです。あっ、伊藤さんもね、首を振ってる。もう首を振るしかないみたいになってる(笑)。
伊:(首を左右に振っている)

一同、車から降りる。


本:(よろめいて)うわっ!
諏:ひっかかってる(笑)。張ってあるロープに足が(笑)。
石:さっきから本多さんやらかしてますね。

長い石段に差し掛かる。
看板に七百余段と書かれてある。




酒:七百余段。
永:704段。
酒:いや、700と余りの「余」です。
永:(笑)
山:700とちょっとあるんだ。
酒:めちゃくちゃ凄いってことですね。
永:じゃ、登りますか?
諏:登る元気ある? 元気ない。

といいつつ、なんとなく登りはじめる。



永:これはもう登り始めたね。  
諏:なんかこれって、心霊というよりしんどいやつじゃんか。トレーニングの企画になってきてない?
永:ただ、夜に来るところじゃないなっていうのはわるけどね。
本:これはもうね。 行きましょう。
諏:行こう!
本:行きましょう!
永:もう、行くしかない。 勇気ある者が現われたよ。
諏:ちょっと、 これ道複雑よ。 パンちぎって進まないと、迷うよ。
本:でも、暗くてパン見えないけどね。(笑)

写真を撮りながら、しばらく登る。



本:もう、諏訪さんが手すりを持たなきゃ登れなくなってる。(笑)
諏:正直、疲れた。今何段だろうって思いながら。
本:どんどん行きましょう。
永:おっ、本多くん頼もしいね。我々を引っ張ってくれてるね。
諏:さすが、寺の息子。(息切れしてる) 
永:おっ! これはなんだ?
 





立て札が立っている。


永:(読んで)「今年も立木の観音さまに守られ幸福」
石:ここいい所じゃん。
西:(疲れて)もう無理や。
諏:今、何段ぐらいまできたか知りたいな。100段来てなかったら俺は、リタイヤする。
伊:70ぐらいじゃない。
永:100は来てない気がするね。 
丹:もうだから700まで行けって。   
永:えー。700?
諏:うーん。
山:ヤダなあー。
諏:ダイエット企画しに来たんじゃないんだから。
永:そんなことも言いながらね,ずんずん登っていっていますけれども。
本:(また絶叫)うわっ!
全員:うわっ!
永:イッテっ!(足踏まれて)
本:ごめんなさい。ごめんなさい。灯篭が人に見えて。
永:めちゃくちゃ痛かった。
本:あぁー、怖かった。アゴ外れかけたあー。
伊:びっくりしたよ。
諏:伊藤の手がビシッて当たってきた(笑)。
伊:足元が見えない。

などと、全員よれよれ。
次第にだんだん誰もしゃべらなくなり、無言で登り続ける。


永:……もう、勘弁。下りる?
諏:下山。

皆、あっけなく下山することに。

諏:肝試しして帰ろうか。
永:どういうこと?
諏:ジャンケンで負けた二人が残って五分経ったら下りる。
全員:(反応なし)
諏:あれ? やらない。
全員:(怖いので不満の声)。
諏:やりたかったな。そんな怖いかね。
永:じゃあ、諏訪さんがやったら?
山:言い出しっぺの人がやればいい。
石:諏訪さんやってくださいよ。
伊:独りでやればいいじゃないですか。
諏:クッー! 面白くない奴ら! 面白くない奴らが10人いるわ! 
伊:普通に帰ったらいいじゃないですか。
諏:レベルの低い奴ら!
伊:こんなことしなきゃ話題作れない方がレベル低いじゃないですか!
諏:タチの悪い奴がおるわ! 
全員:(笑)
伊:怖くないとか言っておきながらライト絶対手放さないの、てめぇーじゃないか!
永:なんの喧嘩が始まったんだ。(笑)
諏:なんだと! この野郎!
伊:やってやろうじゃないか!
石:なんか、プロレスラーの喧嘩みたいになってるよ(笑)。

なんだかんだで結局ジャンケンで負けた2人が肝だめしをすることになり、石田・松田の2人に決まった。
しかし、実行するも1分もたたずに降りてきたりと、もうなんだか全然盛り上がらず、しかも神社にたどり着くこともなく、 どうにもしまりのないまま、京都のヨーロッパハウスに戻ってきて、そのまま検証になだれ込む一同。



[検証]
永:クタクタですよ。
諏:今回こそは撮れてるはずだ。
石:もうね、一回、二回目のってはっきり言って写ってなかったでしょう。 
酒:まあね(笑)。
石:こじつけでしょう。
永:こじつけてなんぼみたいなところあったからね(笑)。
酒:ありましたね(笑)。
上:僕も不信感がありました。このコーナーに。
永:そう思ってたんだ(笑)。
諏:今回は撮れてます。 
石:今までで一番、怖かったもん。
諏:雰囲気が違ったもんね。
永:もうね、絶対、写ってるはずだよね。
酒:観てみましょう。
永:これ移動中だよね。
諏:運転手は丹原。ほら、もう、怖い。鏡に写ってるから。
石:とりあえず、この鏡ですね。
永:丹原さんが今回、エスコートしてくれた。
酒:うわっ! なにこれ?
石:やばい、やばい。
山:丹原さんの後ろに。
酒:後ろに顔が写ってる。
諏:あれ?
石:え? なにこれ?(笑)
永:これ、誰だかわかんなくない?
上:サンボマスター的な。 
全員:(笑)
石:うわっ。これ、死神ですかね。これ?
酒:メガネしてる。
諏:出っ歯だね。石田みたい(笑)。
酒:けど諏訪さんみたいな……(笑)。
諏:丸さからすると俺なんだけど
酒:丸さとメガネは諏訪さんですよね(笑)。
上:これはもう、諏訪さんでいいですか?
石:そこに座ってたのは誰ですか?僕かな?
酒:真ん中ら辺?
本:でも、そこ死角だから誰も座ってないじゃないかな? 
石:え?
諏:本多くん、それはちょっと、強引過ぎるんじゃないかな?(笑) 
石:(笑)死神に持っていく気だ。
諏:でも、俺こんな出っ歯じゃないからな。
石:これは、諏訪さんですかね? 僕ですかね?
諏:いや、どっちでもない。霊だよ。
上:まぁ、今回も霊は写ってなかったということで……
全員:いやいや(笑)。
永:まだ一枚目だよ。

永:これは、なんかデジタル的なキャラがいるね(笑)。
石:これは気になりますね(笑)。
上:オポスにそっくりなんですよ。
永:え? なにそれ?
上:僕が昔、作ってたゲームのキャラに似てるですよ。
永:知らないんですけど(笑)。
石:名前付けてたんだ(笑)。
上:僕のゲームコーナーにいるんですよ。あまり人気がないんですけど(笑)。
石:オポス、TBSのキャラに似てる。
酒:他、なにか写ってないですか?
永:やっぱり、デジタルなだけあって目立つんだよな。
上:エンディングで手を振るんですよ。
永:なんだか、オポスがここから作者にお礼を言ってる感じがするね。
諏:なんで、上田の作ったキャラが霊になって写ってるんだよ(笑)。
酒:僕らの行った現場に(笑)。
石:なんでそんな名前付けたの?
上:それはホームページ参照ということで(笑)。
酒:自分のコーナー見て欲しいってことですね。
諏:もう終わってるけど。

永:あれ? これは、「一反もめん」ですか?
上:28フィートありますか?
諏:小さいね。

石:え? 一反もめん。妖怪がいるんですか?(笑)
永:ちゃんと、妖怪がいるかもチェックしないといけないからね(笑)。
酒:ああ、小振りの一反もめんだ(笑)。
上:これは、28フィートこそないけど、れっきとした一反もめんですね。 
石:28フィートあるんだ(笑)。
諏:幽霊の形に近いよね。
酒:その形はとらえてますよね。
本:これもね。
上:え? 「ぬりかべ」ですか?

石:ぬりかべもいるんですか?(笑)
永:真横になって気を付けしてる。
酒:これは明らかに石碑じゃないですか(笑)。
上:これは、ぬりかべですよ。
永:妖怪の登場は今回始めてですよね。
上:「ぬりかべ」と「いったんもめん」有名妖怪が登場しましたよね。

永:オーブが綺麗に見えてきましたよね。
石:キラキラしてますね。
酒:幻想的ですらありますよね。
上:あの、ちょっと。 
永:なに?
上:今さっき酒井が『幻想的ですらありますよね』って言ったんですけど。それ僕が第一回の時にコメントしたセリフと全くいっしょなんです。
全員:(笑)
酒:すいません。 
諏:見事にパクリましたね。
上:霊の仕業。
諏:酒井の霊の仕業だ(笑)。
酒:偶然、言っちゃっただけじゃないですか。
石:酒井が好きそうなセリフだもんな。
諏:メモしてていつか言おうと準備して、今、言ったんだ(笑)。
石:第三回で言おうとしてたんだ(笑)。
酒:そんな、作為はなかったですよ。
上:ちょっと、ここでオーブについて仮説を立てていいですか?
永:え? なにか気がついたの?
上:あの、ヨーロッパのカメラが汚いんじゃないですか?
永:でも、オーブが写ってない写真もいっぱいあるからね。
諏:違うね。
上:そうですか。
石:フラッシュ焚いたらチカチカするんですよ。それじゃないかなと思うんですよ。
永:それがオーブを照らしてるチカチカなんですよ。

諏:似たような写真だが……。
石:これ、ヤバイ。
酒:この顔はヤバイ。
山:怖い。
諏:誰の顔だろう? ズームしてみて。
全員:(悲鳴)
永:黒いね。
諏:人間の肌にしては黒すぎるだろう?
永:ちびくろサンボみたいな。
上:唇がアフリカの感じですよね。
永:(ミラーと照らし合わせると)ここに居るはずのこいつがいなくならない?
酒:いない!
上:え。そいつがそこじゃないですか?
永:いる(笑)。
石:霊じゃなかった(笑)。
諏:いやいや、霊じゃなかっていう流れはまずいよ(笑)。
永:霊はいます。
諏:このオーブ崩れかかってる。
酒:生まれてるんですよ。
石:なにが?
諏:どういうこと?
永:(笑)なにが生まれるって?
酒:えっ!こう、丸からこう崩れて新たな霊が生まれてくる訳ですよ。
諏:え? 幻想的な?(笑)
酒:そういうことだったでしょう オーブっていうのは。
上:そういう説をもってるわけね。
酒:え? 僕ら割とそういう説で話し進めてきてませんでしたったけ?
 

 (次々見ていってる)

永:霊出てこないな。
全員:(爆笑)
永: 早く出てこいよ!(無理やり見つけて)あ、赤ちゃん、赤ちゃん、これ。
石:その言葉の後に、「赤ちゃん」って。(笑)
上:ついに本音が出た。(笑)
永:ほら、これ赤ちゃんだろ?
酒:駄目ですわ。 (笑)
永:これが髪で目で……ほら!



とうとう本音がこぼれた第3夜。
霊は本当にいるのかどうなのか。これまでキャプチャーした霊現象はただのカメラ技術だけの問題なのか。果たしてこのままツアーを続けていいのか。霊を積極的に肯定していく姿勢に早くも限界が!?
今回、永野の一言によって根本的な問題をつきつけられたゴーストキャプチャーズ。いかにしてこの壁を乗り切るのか、次回を待て!

今回キャプチャーした霊たち