[ヨーロッパスタジオ][2000本のゴルフ]> [03]



諏訪
これ、見所はあれじゃないですか? 劇中映像で出てくる、石田君の部屋の…。

石田
あぁー、僕の家ね。今住んでるところ。確かに。これ、特典映像でロングバーションもあるんですよ。

諏訪
あぁー、そうなんだ。(DVDパッケージを見て)ほんとだ。これ、見てないわ。

石田
あのねぇー、そうそう。これねぇ、ロングバージョンねぇ(笑)。
チェックしましたけど、ビックリしましたよ。「そこまで見せちゃいかんだろう」ところを見せてて(笑)。
だから本編では、それを配慮した上での映像で。「これはカットにしとこう」って言って…。

諏訪
あぁ、なったなった。

石田
「ここは見せんとこう」って言って。2階のやつですよ、2階。
上田 本編では、もう1階だけになってるんですよ。石田家の1階だけを見せてるんです。
それは、なぜかというと2階でのノリが、ちょっとあまりにも、これはないだろうと。という、ノリやったので。

石田
と、思ってて、芝居ではカットしてたのに。
上田 石田の部屋も、さも平屋のように…。

石田
(笑)。それが特典でロングバージョン。僕、チェックで見たら、2階ガンガン上がってて。
2階で色々やってる部分を全部のっけてて(笑)。

諏訪
イヤなんや。ちょっと、イヤやったんや。

永野
プライバシーに踏みこんでる。

石田
ちょっと、イヤですよー。
引き出しを開けられてるとことか。

諏訪
ちょっと、どんなんか忘れましたけど、
見たいですよね、それは。

石田
まあ、特典でみれますよー(笑)。

永野
そっか、石田家丸裸の。

石田
びびったわ。ほんとに。いっぱいでまわるやつを。今後でまわっていくほうに。

上田
逆よ。普通は、逆よ(笑)。

永野
だって、会場に来てくれた人は、200人くらいですか?

石田
今思えば、その人達くらいにだったら見せてもよかったのに(笑)。

永野
かける10倍の人数にねぇ。

石田
とりあえずね、2000本だから。
それはね、ちょっとショッキングでしたけどね。特典2に入ってますのでね。

永野
特典も、ちゃんとあるんですねー。

諏訪
コメンタリーも、ちゃんとあるんですよ。
上田 これ結構珍しいんですよ。
吉本興業の芸人さんが、よそのDVDに出て、こうやって販売してる状況ってあんまり見たことないでしょ?

永野
メインででてるにも関わらず。
上田 これは、かなり吉本興業さんのご厚意で。

永野
こんな、インディペンデントレーベルで。
上田 そう! これは、マジで珍しいし、
もうもし下手したら、担当者とか変わったりしたら、
いつ「ダメ」って言われてもおかしくないくらいの。

石田
えー。じゃあ、早いこと買っといた方がいいねぇ。
上田 ライブやれたのも奇跡に近いっていうか。
だから、ほんとに向こうのご厚意でどうにか販売できたという。

石田
今のうちかも分かんないねぇ。

永野
あとは。僕は、「夜のゴルフ」面白いと思う。
僕は、出てないやつなんですけど。これは、ほんとフリーで。

石田
これは、僕と本多君が出てたやつなんですけど、
このコントの中でも一番フリーだったんじゃないですかね。

諏訪
下ネタですよね、これは。ヨーロッパには珍しい。

永野
これね。いや、小籔さんがノッてたなっていうね。ものすごくその印象が強い。

石田
そう、これ松田さんと山脇さんもキャバクラ嬢役で出てて。
その女の子にセクハラをするお客さん、っていうので、僕と本多君と小籔さん。
上田 ゴルフにひっかけて、ていう他愛ないコントですよ。他愛ないコントをどんだけつづけたかと!

石田
これね、小籔さんがキッカケやったんですよ。
小籔さんがこういう動きをしたら、このコントをもう終わりましょう、という。
全然、その動きしないんですよ! 僕、「いつ止めんのかなぁ」って。ずーっとだから下ネタ言ってて。
上田 そう。「ジェントルメン! ジェントルメン! 」って、椅子を叩きながらいう合言葉があったんですよ。
これをやると終わり、という。

諏訪
それは、忘れてたんではなくて、出さなかったんだ。
上田 そう。で、(最初は)ウケて。もうあんまウケへんくなってきてて。下ネタやりすぎて。

石田
いや、やっぱ最初はウケるんですよ、小籔さん。それがウケなくなってきて。

諏訪
で。「ジェントルメン! 」。
上田 いや、そっからが結構…。正直、これね、このコントに関してはカットしてます。
記録的に長いコント(笑)。

諏訪
そのロングバージョンは入ってない(笑)。

上田
そのロングバージョンは入ってないですわ(笑)。

石田
特典で入れりゃいいじゃん(笑)。
上田 いや。これは、単純にあんまりやったと(笑)。

石田
おイタが過ぎたと。
上田 全員これは、ということで。
ちょっとちょっと短くしてるけど、ほんとはもっとあれは倍くらいの長さやったと。
後半カットしてる、というのではなく。

諏訪
で、これは「ゴルフ」のコント集なわけですよね。で、間に映像とかが入りつつも全部で一本みたいな。

上田
全部が、つながるやつですよ。

永野
18ホール全部がつながる。

石田
リンクのやつですよ。

永野
だから、最後心地よいのね。

諏訪
これ、18番ホールまでありますけど。
コントが全部で18個あって、17個のコントが18個目に終結する、みたいなことですよね。

石田
うまいこと18個なんだねー、最終ホール。

上田
ただ、これは無理矢理18個にしましたよ(笑)。

石田
(笑)。

上田
映像もカウントされてるし。無理矢理だよ、そりゃ(笑)。

諏訪
だって、「ゴルフその後」って、タイトルっぽくないですもんねぇ。

上田
「ゴルフその後」は完全にコントですよ。
だって、「ゴルフ」でその後、西村さんがキャディー役で出てくるやつですし。

諏訪
あぁー、あれかー。でも、映像の3つがインチキ臭いな。

上田
(笑)。映像コントですから。

石田

15番目のやつは、「8番ホール」ってなってるけど
おかしいもんね。15やのに「8番ホール」って。


上田

あぁー、そうか! ジャントルメンクラブの中では、
そうや。柏さんの不備ですよ、こりゃ。


永野
あっ、不備があるんですか?

石田
違うやろ。
これは、台本をしっかり反映させてやったんやろ。

上田
違うんですよ(笑)。
これは、何で「8番ホール」になったかというと、映像中に「いやー、8番ホール来ましたね」とか
なんか適当に言ってるんですよ、たぶん。

石田
あっ、小籔さんが言ったんだ。

諏訪
それをタイトルにすることないよね。

永野
ちょっと、ややこしいよね。15トラック目が「8番ホール」って。

諏訪
これ、今見たらヅラかぶってるじゃないですか。僕ら、これは珍しいですよ!

上田
あ。これは、小籔さんにちょっとあやかって、普段の公演では、あんまり僕らがやらないようなことを。
大喜利もそうやし。ジジイババアのヅラをかぶって「キャラコント」。あとは、下ネタもそうだし。

諏訪
あえてそういうところに、手を伸ばした。

上田
そうそうそう。はっきり言ってその過激なネタは・・・、過激てことはないですけど、まあウケなかったですよ。
あと・・・、割と「差別ネタ」みたいなこととか。これはなんでかというと、「ジャントルメンクラブ」という
凄い伝説のゴルフチームがあると。で、いまだにそれが脈々とあるらしい、という噂がありながらも、
現代のゴルフはこうも堕落している、という。そういう話やからねこれは。

諏訪
あぁ。だから、堕落した方を表現するのに。

上田
そう。「エロ」であることか、「自然破壊」とか、「貧富の差」とかそんなんが全部描かれてしまって、
思わぬダークなコントライブになってしまったという(笑)。

諏訪
えらいダークですよねぇ。

石田
僕は、やっぱり「ゴルフ甲子園」の永野さんだと思いますよ。
上田 これも、かなりキャラものコントやったんですよね。

諏訪
まあまあ・・・。もう、面白さはいいんじゃないですか(笑)。売る方法を考えないと!
(つづく)