[ヨーロッパスタジオ][雪の街〜砂漠の国  座長ホットライン]>[第13回]





第13回

 
永野:お疲れ様でした。
中川:お疲れ様でした。
永野:どうでしたか?さいごの舞台は、どんな心境で臨んでいたのかっていうのをね。
中川:うん。
永野:どうだったの?
中川:ねえ…。
永野:…もう、カラッポですか(笑)。
中川:カラッポ。
永野:煙草に火をつけましょうか?
中川:(笑)。
永野:スケジュール的にいうと、今(収録時)が5月16日で、14日夜に砂組が最終日で、バラシて、打ち上げで朝まで飲んで、15日に雪組終って、まあ、バラシもして、また朝まで飲んで、そのままバスに乗って8時間かかって京都に夕方着いて、それで事務所に荷物が乗ったトラックが着いたから、荷物降ろして…。
中川:…で、終ったとこですよ(笑)。
永野:いま、フィニッシュ。
中川:バックトゥ2000のの三分の二が終ったとこですよ。
永野:そういう状態での、『座長ホットライン』、もういいよっていうね。
中川:僕ら、座長じゃないからね。
永野:その座長という荷は降ろして、バスに乗ったからね。東京にポコンと捨てて。
中川:完全にね。
永野:でも、どうやってラストステージ飾ったのかなと思ってさ。僕は、ピラミッドを眺めるラストシーンでほとんど素の状態でしたね。
中川:ということは、駅前劇場の壁を眺めてたってことですか?あの、B、C、D、という張り紙のしてある・・・。
永野:(笑)、まぁ、眺めてたけど。心境としてね。3月くらいから記者会見とか、バックトゥ2000がスタートして、座長業がしんどいとかいう時期もあって、大阪乗り越えて、東京もなんとか乗り越えてっていうのが、(ストーリーの)ピラッミッドを10年かけて建ててきて「これで、終わりかー。」っていうのと、見事にマーブル状に混ざって。鳥肌立ったね。これは、座長をやってたから到達できた感動やったのかなって思ってますね、僕は。中川晴樹はどうよ?
中川:うーん。最終日の前日の14日の本番前に、みんな集めて「あと2回、ちょっと頑張ろうぜ」って気合入れしてさ。
永野:あ、そんなんやったんや。
中川:うん。あと、2回でお別れだと、役もそうですし、客演さんとも。ユリゲラーもたぶんもう再演しないし。そしたら14日すごい良かったんだ。それで、いよいよ大楽の最終日。これがさー、やってて何か違うのよ。
永野:何なんだろうね。
中川:分かんない。最終日で緊張もあるし、会場の空気感もあるのか、笑い出しが遅くてさ、オープニングでどうにか盛り上げないとって思うんだけど、なかなか掴めなくてさ、結局トータルで2時間20分とかあったわけ。
永野:最終日が一番長かったん?(笑)
中川:そう、いつもは2時間くらいだから、20分くらい延びてるわけ。
永野:えー。
中川:アドリブ足したりとか、色々なことがあったからなんだけど、えらい長い芝居しちゃってさ。
永野:えー。そんななるもんなの?
中川:時間聞いて、ビックリしたんだけど。いやー、ライブって難しいよね。でも、おもしろいよね。
永野:なんか、すっかり演劇青年になってしまったね。
中川:いやいやいや。
永野:僕ら、14日に終って打ち上げ会場に向かうとき、石田君と一緒だったんだけど、「最後ですから、盛り上げてください。」って言われて。「打ち上げ終わるまでが座長の仕事ですから」って言われてさ。
中川:打ち上げなんて座長の仕事じゃないけどね(笑)。
永野:で、まあ、僕緩みきってたんだけど、酒の力を借りてベロンベロンやったんだけどガンガン盛り上げましたよ。
中川:偉いねー。
永野:そしたら、みんながプレゼント用意してくれてて。書籍を。
中川:(笑)また、荷物になるものを。
永野:うん、荷物になるものを。12冊くらいもらいました。「キャプテン」8巻みたいな漫画とか、「リーダーシップをとる為には」みたいなハウツー本とか。「空回りでしたよ」っていうメッセージも含まれたプレゼントを頂いて。
中川:あ、そう。(笑)僕もね、もらいましたよ。本番終ったら楽屋でみんなに囲まれて、「お疲れ様です。」って、ドンキホーテの袋渡されて、「ちょっと何ー?」って開けてみたら××××グッズ。
永野:なんだー。
中川:5個くらい、色んな会社の色んな種類の(笑)。
永野:雪組の楽屋なんてもう、部室みたいやもんね、男子校の。
中川:何のメッセージやねん、と(笑)。本多くんがひとつひとつ説明してくれて。「これが一番高いやつです。」とか「これはスポンジで、これはゴムで。」とか。
永野:いいじゃない(笑)。
中川:まあまあ、前回言ってたみたいに花束ではなかったけど、嬉しかったですね。
永野:けどね、さっきの帰りのバスでも実はまだ反省してたんよ(笑)。けど、もういいよね(笑)。
中川:もういい。もういい。でも僕いまは、「サウダージ」が億劫で。
永野:えっ!何回か前は楽しみだって言ってたよ(笑)。まるで真逆の。でも、大変なのは上田くんだと思うよ。
中川:そうだね。大変だよね。頑張らなきゃな。じゃあ永野さんにも、貰った××××グッズ一個あげましょうか?
永野:最低ですね。
中川:(笑)。
永野:けど、相当デカイ山乗り越えましたね、みんな。
中川:うん。それでこの「座長ホットライン」も、とうとう来週が最終回ですよ。
永野:お!とうとう。
中川:これで、最終回でもいいのにね。
永野:そうだよね(笑)。もう、ないよエピソード。
(5月16日 帰京後、事務所にて収録)
←第12回       最終回→