[ヨーロッパスタジオ]>[火星の倉庫DVD、見ちゃいました。]
ヨーロッパDVDから新たなラインナップが登場! ヨーロッパDVD#12『火星の倉庫』DVD!
このDVDをプロデューサー石田ともぐらプロ喜多春仁が全部見ちゃいました。
あんまりネタバレしないようにうまいこと魅力を伝えます。 これを読んだら普通に買いたくなりますよ!

火星の倉庫DVDプロデューサー。これまでプロデュースしたDVDは『平凡なウェ〜イ』『バック・トゥ・2000シリーズ 苦悩のピラミッダー』など。実は石田がプロデュースしたDVD作品はそんなに売れていない。だから『火星の倉庫』は売れてほしい。

映像制作チーム「もぐらプロ」所属。火星の倉庫DVDでは特典映像のメイキング『劇団おめでとう喜多春仁の撮らせてください』の撮影、編集に携わってもらう。このときは「劇団おめでとう」だったが解散してしまい、いまは「もぐらプロ」。ちょっとややこしい感じになっている。
http://moglax-tv.seesaa.net/



石田:じゃあ、『火星の倉庫』持ってきたんで、見ましょうかねぇ?
喜多:見ましょう、見ましょう。

  

石田:これ、喜多さんも、ドキュメント一緒に作ってもらって。「劇団おめでとう喜多春仁の『撮らせてください』」ですね。
喜多:「劇団おめでとう」名義で。
石田:あ、ホント。「劇団おめでとう」名義ですね。今は、もう「もぐらプロ」ですもんね。「おめでとう」はどうなったの?
喜多:「おめでとう」はもう……バラッバラになった。
石田:「おめでとう」の話しますか(笑)? 2時間くらい。
喜多:いや、けっこうねぇ。面白いはなしも色々話せますけど、『火星の倉庫』を欲しくなるかというと、そうではない。
石田:あ、それ読んでも、購買意欲は。
喜多:そそられないっすねぇ。
石田:ちょっとじゃあ、ディスクを入れますね。何から見ましょうかね。喜多さんは、どれが一番良かったですか?
喜多:僕は、「CMギャラリー」とか好きですね。
石田:あ、じゃあそれ一発目みましょうか。



喜多:ええ。「CMギャラリー」短いですし、すぐ終わりますからね。
石田:喜多さん、なんか「こなす」感じでいってない?
喜多:いや! 「こなす」んじゃなくて、最初に、景気づけの意味で……。
石田:そういうことね。これで、購買意欲をどんどん、そそらして欲しいんですからね。
喜多:そうですよね。これを読んで「買いたくなる」ってことですよね。「どういうのを見て、そんなに言ってるんやろ」っていう。
石田:そうそう。
喜多:このDVDに入ってるCMは全部、You Tubeに載ってるやつですよね。
石田:そんなん言ったら!! 「You Tubeで見ればいいか」ってなるじゃないですか!!



石田:とりあえず見ましょう。これほら、5人の役者が、それぞれ監督して撮ったCMで。いわゆる「ショートショートムービー形式」ですよ。
喜多:これね。けっこうしっかりしたCMで。
石田:じゃあ一番上、僕が監督した「会社編」から。



喜多:これ、脚本は石田さんですか?
石田:これ僕書いたんですけど。上田くんに見せて。そしたらほとんど、直されましたね。僕のがあまりにも、ダメだったんで。
喜多:最初、どういうアレやったんですか(笑)? 今は、シンプルでキレイな流れですけど。
石田:ねぇ。だから、それの「面白くないバージョン」。
喜多:想像しにくですけどね。
石田:じゃ、ゲーム編見ましょうか。これもまぁ。You Tubeで見れますけどね!



喜多:はははっ!
石田:いやでもねぇ。You Tubeより、画質が。
喜多:そうなんですよ。こうやってDVDのほう見ると「こんな細かい芝居してたんや!」って分かりますからねぇ! 
石田:これ今、「もぐらプロ」の事務所で見てるんですけど、これ、アクオスですか? やっぱりぜんぜん違いますもんねぇ。
喜多:ねぇ。僕、この「ゲーム編」が一番好きなんですよ。なんか、内容よくできてんなぁと思って。面白い。
石田:これ、いいでしょ。
喜多:「火星の倉庫などない」っていう、CMの共通テーマをちゃんと、持ってきてて。



石田:お、そういうのちゃんと言っていく感じなんですね。
喜多:最初は、勢いがありますからね。



石田:次、「学校編」ですね。
喜多:これも、いいっすね。カッコイイ。石田さんは出てるんですか?
石田:出てますよ。ほら、前のほうに。



喜多:あっ、ほんまや。やっぱYou Tubeで見てたら分からない……。 
石田:(笑)! あ、やっぱり、DVDじゃないと、見えない。
喜多:You Tubeはねぇ、画像がアラくて。あ、次出ましたね。
石田:「ギャング編」。 

 

喜多:これ、映像やってる人から「めっちゃくちゃ、いいじゃないですか! 才能が、感じられました!」っていうメールがきて。
石田:え、これ? なにで見て?
喜多:You Tubeです。
石田:You Tube!! じゃあ、その人にちゃんと、DVDで見せてあげてくださいよ。キレイな画質で。
喜多:あ、DVD貸しました。
石田:「貸しました」とかさぁ(笑)! 
喜多:出ましたね、「サミット編」。これは、酒井さんの。



石田:知り合いの、外国人の方に頼んで。これ、サニーフランシスさん出てるんですけど。
喜多:ええ。ほかの方は……?
石田:みなさん、「FM COCOLO」のDJの人なんですよ。ほら、サニーさん「FM COCOLO」でラジオ番組持ってるから。
喜多:すごいですねぇ。ちゃんと、酒井さんがオファーとって。
石田:そうそう。
喜多:これ、酒井さんがちゃんと、字幕とかもDVD用に直してましたからね。
石田:あっ、ホントだ! You Tubeと違うじゃん!
喜多:You Tubeでは、見れない字幕なんです!
石田:(笑)!!
喜多:酒井さんが、ひとりでコツコツ、なんかやってるなぁと思ったら。字幕がなんかよくない、ってことで作りなおして。
石田:直したんだー。うわー。これは、You Tubeと別バージョン!

というわけでいきなり特典映像のCM集から見ることになった『火星の倉庫』DVD。 果たして本編は見るのか? 
石田と喜多さんとのこのやりとりは、販売促進につながっているのか?  魅力は伝わっているのか? 
いろんな疑問をはらみつつ、次回に続きます! (火星の倉庫DVDプロデューサー・石田剛太)