[ヨーロッパスタジオ]>[火星の倉庫DVD、見ちゃいました。]
ヨーロッパDVDから新たなラインナップが登場! ヨーロッパDVD#12『火星の倉庫』DVD!
このDVDをプロデューサー石田ともぐらプロ喜多春仁が全部見ちゃいました。
あんまりネタバレしないようにうまいこと魅力を伝えます。 これを読んだら普通に買いたくなりますよ!

火星の倉庫DVDプロデューサー。これまでプロデュースしたDVDは『平凡なウェ〜イ』『バック・トゥ・2000シリーズ 苦悩のピラミッダー』など。実は石田がプロデュースしたDVD作品はそんなに売れていない。だから『火星の倉庫』は売れてほしい。

映像制作チーム「もぐらプロ」所属。火星の倉庫DVDでは特典映像のメイキング『劇団おめでとう喜多春仁の撮らせてください』の撮影、編集に携わってもらう。このときは「劇団おめでとう」だったが解散してしまい、いまは「もぐらプロ」。ちょっとややこしい感じになっている。
http://moglax-tv.seesaa.net/



喜多:じゃあ次、どれいきましょうか? 
石田:やっぱ喜多さんの「撮らせて下さい」は最後にしましょうよ。それが見どころですから。
喜多:そうですね。特典の中でも、いっちばん面白いやつを最後に(笑)。
石田:なので、その前にこれを見ましょう。大阪港の倉庫を見学に行った、録りおろしの特典映像。
喜多:景気づけに。では、見ましょう。

 

石田:これは、「本物の埠頭のようすを見学に行く」っていうだけの、たいして盛り上がるポイントもない……。
喜多:いやいや!
石田:映像は淳太くんが撮ってくれて。あとは諏訪さん永野さん、僕で。
喜多:4人でね。
石田:「いいのが撮れたー!」って帰ってきて。で、編集進めていくと、「なんかイマイチ盛り上がるポイントないっすね」みたいな。
喜多:「盛り上がるポイントない」ってまた、石田さん。販売促進やって言ってるのに(笑)! 
石田:また、自らやってしまったな!
喜多:オウンゴールを、また決めましたよ石田さん。
石田:いや違うんです、これは、ほんとに楽しんでるサマを、見てくれたらいいんで。
喜多:そう! またね、こちらの榎坂さんのキャラクターが、またもう。
石田:この埠頭を案内してくれてる榎坂さん。ノリのいい人でねぇ。
喜多:この方がまた、ヨーロッパメンバーと空気が合うんですよね。
石田:そうそう。まぁ、「タモリ倶楽部」的なね。
喜多:まさにそうですね! 「タモリ倶楽部」で「埠頭を見てみよう」ていう。
石田:そうこれ、普通に見学行っても見れないんですって。一般公開してなくて。だから、大阪港の倉庫が見れるのは……。
喜多:出た!! 「火星の倉庫」DVDだけ!! 
石田:(笑)! そんだけ喜多さん、のってくれるんであれば、この企画テレビショッピングみたいにすればよかったですね。
喜多:「しかも、このボリュームで、お値段はナント2,500円! お買い得! 3,000円のお小遣いがあれば、中学生でも買える!」
石田:ちょっと、喜多さん、セールスマンできるんじゃないですか?



石田:これね、船で届いたコンテナを、クレーンで1個づつトラックの荷台に積んでいくっていう作業なんですね。



喜多:ああ、なるほど。
石田:それが、すごい高いところで操作するんです。
喜多:いわゆる「キリン」てやつですね。
石田:そう。これが得意な人は、UFOキャッチャーが、得意なんですって。これ、まさにUFOキャッチャーしてるみたいなノリでしょ?
喜多:すごいですねぇ!
石田:これもね。届いたコンテナを埠頭に整理して置いておく「ストラドルキャリア」っていう。
喜多:コンテナを乗せて、走る。これヤバいですね。今、操縦席に乗ってますね。
石田:これも、むちゃくちゃ面白かった。あ、雑学的な「ストラドルキャリアとは」みたいな解説もテロップで出ますから。「知ってる?」って人に言えますよね。



喜多:僕、このDVDのおかげで、彼女と港に行ったときに「ストラドルキャリア」の話をして、心をつかんで。「なんでそんなん知ってるの?」って聞かれて、「火星の倉庫のDVDを見たからや」って言ったら「私も買お」ってなったんで。
石田:(笑)!
喜多:で、彼女と2人でDVD見て。「これがストラドルキャリアの操縦席かー!」って。「火星の倉庫」DVDのおかげで、より彼女との仲が親密になりましたねー。
石田:喜多さん(笑)! なんか雑誌のウラに載ってる、ヘンな広告の感じになってしまってますから! 
喜多:それはちょっと、違いましたね。セールスが全面に出すぎました。
石田:ね(笑)。



石田:これ、班長にいたずらされてねぇ。閉じ込められるっていう。



喜多:(笑)! 嬉しそうに……(班長の)どや顔!
石田:これは、見どころのひとつですよ!



喜多:ほんとの「港湾労働者ジョーク」なんですよね。
石田:面白いですねー。港湾労働者ジョークが見れるのは、なかなかないですよ!
喜多:いい顔してるなー。
石田:あ! これはラストのオチですね。ちょっとね、オチはどういうのか、言わないでおきましょうか。
喜多:そうですね。
石田:これ、榎坂さん、ボケにノッてくれてるんですよ。
喜多:一緒にちゃんと、ボケにのる(笑)。あ、テロップで注意書きが。「運輸会社の方にご協力いただき、撮影しています」と。
石田:「危険ですので絶対に真似しないでください」と。ということを、ラストにちょっと、やっている、と。
喜多:最後のこのポーズが(笑)。シルエットが面白い。
石田:いやぁ、大阪港の撮りおろしドキュメンタリー、面白かったなぁ。
喜多:これは、いいですね、なかなか。知識も入るし、見れない場所も見れますから。

ちょいちょいマイナスなことも言ったりして、ほんとに販促してんのかって感じですが。
ただあんまり自分たちで褒めすぎてもね、手前味噌な感じですしね。計算ですね。
ラストに喜多さんが言ってる、“最後のポーズ、面白いシルエット”は載せてません。
これは買ってみてのお楽しみですー。面白いですよー。(火星の倉庫DVDプロデューサー・石田剛太)