[ヨーロッパスタジオ]>[火星の倉庫DVD、見ちゃいました。]
ヨーロッパDVDから新たなラインナップが登場! ヨーロッパDVD#12『火星の倉庫』DVD!
このDVDをプロデューサー石田ともぐらプロ喜多春仁が全部見ちゃいました。
あんまりネタバレしないようにうまいこと魅力を伝えます。 これを読んだら普通に買いたくなりますよ!

火星の倉庫DVDプロデューサー。これまでプロデュースしたDVDは『平凡なウェ〜イ』『バック・トゥ・2000シリーズ 苦悩のピラミッダー』など。実は石田がプロデュースしたDVD作品はそんなに売れていない。だから『火星の倉庫』は売れてほしい。

映像制作チーム「もぐらプロ」所属。火星の倉庫DVDでは特典映像のメイキング『劇団おめでとう喜多春仁の撮らせてください』の撮影、編集に携わってもらう。このときは「劇団おめでとう」だったが解散してしまい、いまは「もぐらプロ」。ちょっとややこしい感じになっている。
http://moglax-tv.seesaa.net/





石田:いよいよ、劇団おめでとう・喜多春仁の「撮らせてください」ですよ! 今となっては劇団おめでとうはもう解散していないから…この話題はかなり気まずいですけど(笑)。
喜多:ねぇ(笑)。でも、これは「"劇団おめでとう"っていうクレジットはぜひ載せましょうよ」って、石田さんが言ってくださって。
石田:そうそう! せっかくだから、"劇団おめでとうの喜多春仁"っていうのを、押し出した方がいいなと思って。
喜多:いやぁ、ぼくも「火星の倉庫」DVDをこれからバンバン売るぞ! っていう時に、そこに載ってるクレジットのひとつが解散してるで! ってなるのは…ちょっとなぁ。って思ったんですよ。
石田:ねぇ!? せっかく宣伝にもなるのに(笑)!
喜多:そうなんですよ! ネットで「劇団おめでとう」って検索してくれる方もいてくれるかもしれないじゃないですか?それやのに、もうホームページないって…(笑)。
石田:(笑)!
喜多:これ、お読みの方は「もぐらプロ」で検索お願いします…。

 

石田:タイトルからしていいですもんね、「撮らせてください」って(笑)。えっと、京都公演と大阪公演の時のメイキングを撮ってくれたんですよね。メイキング撮ってくれることになった、キッカケって何だったんですか?
喜多:SSMFに参加させていただいてから、ヨーロッパ企画のみなさんとお付き合いさせていただくようになったんですけども。その時に、映像スタッフの山口淳太さんと仲良くなって。
石田:はいはい。
喜多:で、淳太さんに「ちょっと、撮ってみませんか?」と。「カメラ1人やと大変やし、手伝ってもらえませんか?」と言われまして。
石田:あ、そうなんだ!
喜多:そうなんですよ。だから、そんな舞台の裏側を見れるなんて最高じゃないか! と思って、撮らせていただくことになったんです。
石田:へぇー。
喜多:で、初日入り時間に劇場行ったら…みなさん、僕らが来ること何っにも知らなくって。
石田:そうそう(笑)! だって淳太くん、喜多さんたちが来ること誰にも言ってなくて。「え、何で喜多さんがココにいるの!?」ってなって、びっくりしましたよ! しかも、異様に早く劇場入りしてなかったですか? いっちばん早く来てたでしょ。
喜多:そうなんですよ。実際の入り時間よりも30分くらい早く淳太さんに集合時間教えられて。会場着いたら、誰もいいひんやん…っていう。淳太さんでさえ、いなかったですからね。
石田:なにそれ(笑)! なんで、そんなに早く集合かけられたんですか?
喜多:いや、その時にはもう既に、淳太さんに甘く見られてたんじゃないすかね? "なめられてた"っていう…。
石田:絶対そうですよね(笑)!? だから、僕わりとその印象しかなかったんですけど。25歳の喜多さんが20歳そこそこの淳太に、いいいように"使われてんなぁ"みたいな。
喜多:そうなんですよ(笑)! その切なさが、このメイキングの初っ端の中川さんの一言に出てるんですよ!
石田:これ、すごい! この淳太くんから喜多さんに向けられた指示(笑)!
喜多:あ〜、これ…。
石田:「ハプニングは絶対に撮ってください」って…メチャクチャや(笑)。



喜多:真顔で言われましたからねぇ。そんな…自然発生するものが"ハプニング"というものであって、それを「絶対カメラに収めください」っていうのは…。
石田:ムチャクチャでしょう(笑)。
喜多:諏訪さんから「あれDVDに入れてほしかったなぁ」っていうメールを後から頂いたシーンがあるんですけど。
石田:DVDには入ってないってこと? どんなシーン?
喜多:僕が諏訪さんを必死で撮ってるときに、遠〜くの方で淳太さんがドアの影から、僕がちゃんとハプニングを撮ってるかどうかを見てるシーンがあるんですよ。
石田:うわー(笑)!
喜多:そのとき諏訪さんが、淳太さんに気付いて「うわ!」ってなって。カメラのズームで寄っていったら、暗〜い真っ暗なところで、淳太さんが顔を半分だけ出して、こっち見てるっていう…恐ろしい映像があるんですよ(笑)。
石田:うわ〜…喜多さんがちゃんとハプニングを撮れてるかどうかチェックしてるんだ。そのシーンはぜひYou Tubeに載せましょう! それは、見たいわ(笑)。

 


石田:ほんとは、編集は淳太くんがやる予定だったんですけど。喜多さんがカメラ回したことによって、みんなとの距離感が…ね、いい具合に出てるんですよ。
喜多:今までは、身内の方がメイキング撮ってらっしゃいましたもんね。(ヨーロッパ企画でない)外の人間がメイキング撮るっていうのは…なかなか無い。
石田:そうそう! それがまた、おもしろくなってるんですよ! 僕たちとの距離感がだんだん近づいてく感じとか…。
喜多:そうですよねぇ(笑)。大阪公演では、僕どうでしたか? もう馴染んでましたか?
石田:馴染んでましたねぇ! 溶け込んでた。
喜多:…よかった〜。この前ハイタウンで極悪連合のウルフさんと話させていただいたときに、このDVDを見ていてくださってて。
石田:え!  そうなんだ!  極悪連合のウルフさんが!?
喜多:そうなんですよ! あの"極悪連合のウルフさん"も買っていただいた「火星の倉庫」DVD!!
石田:すごい!
喜多:で、そのとき言われたんですけど、「喜多くんは、本っ当にデリカシーのないヤツやなぁ!」って。
石田:(笑)!
喜多:「ズカズカ入っていってるよね! うらやましいくらい!」って言ってくださって。「喜多くん、恐いもの知らずだねぇ」って。
石田:へぇ(笑)。
喜多:「撮らせてください」も終盤ですね、大阪公演の打ち上げの様子が…。

 

石田:このラストの編集が…いいですよね〜。グッときました。たぶん、これ見た人はヨーロッパの打ち上げに参加したような気分になると思う。
喜多:そうなんですよ! この部分はDVD見てくれた人が、ヨーロッパ企画の仲間になりたくなるような映像にしようと思って、編集したんですよ。
石田:あ〜、そう思ってくれると思いますよ! またスタッフロールの映像もいいよねぇ。…ただ、このスタッフロールにクレジットされてる"ドキュメンタリーを撮ってくれた劇団おめでとう"はもういないってことだけが残念ですけど。
喜多:まだ言いますか(笑)!?

もう一人の火星の倉庫DVDプロデューサー、山口淳太君とメイキングディレクター喜多さんとの確執が明らかになった今回。
来週はさらに淳太くんと喜多さんとの間で起こっていたちょっとした事件が発覚します。
面白くなってきましたね。そういうスタッフの裏側的な見方もできる火星の倉庫DVDをぜひご家庭に一本どうぞ。
(火星の倉庫DVDプロデューサー・石田剛太)