[ヨーロッパスタジオ]>[火星の倉庫DVD、見ちゃいました。]
ヨーロッパDVDから新たなラインナップが登場! ヨーロッパDVD#12『火星の倉庫』DVD!
このDVDをプロデューサー石田ともぐらプロ喜多春仁が全部見ちゃいました。
あんまりネタバレしないようにうまいこと魅力を伝えます。 これを読んだら普通に買いたくなりますよ!

火星の倉庫DVDプロデューサー。これまでプロデュースしたDVDは『平凡なウェ〜イ』『バック・トゥ・2000シリーズ 苦悩のピラミッダー』など。実は石田がプロデュースしたDVD作品はそんなに売れていない。だから『火星の倉庫』は売れてほしい。

映像制作チーム「もぐらプロ」所属。火星の倉庫DVDでは特典映像のメイキング『劇団おめでとう喜多春仁の撮らせてください』の撮影、編集に携わってもらう。このときは「劇団おめでとう」だったが解散してしまい、いまは「もぐらプロ」。ちょっとややこしい感じになっている。
http://moglax-tv.seesaa.net/



石田:このコメンタリーは役者をいくつかグループに分けて撮ったんですよ。
喜多:はいはい。
石田:役者は11人いて、全員で撮るのもおもしろいかなーとは思ったんですけど…それだと、もうぐっちゃぐっちゃになるんで(笑)。
喜多:そうですよね(笑)。これはまた、峯田さんと上田さんのコメンタリーとは違ったテイストですよね。
石田:はい! これはもう、気楽に見れると思いますよ。思い出とか・・・まさに裏話とかも、ねぇ。聞けちゃいますから。・・・っていうような、セールスポイントしか今はないです。なので・・・ここは何とか喜多さんの力で売り上げ伸ばしてもらわないと。
喜多:ええ(笑)!?
石田:はい(笑)。
喜多:ここに来て・・・まさかの僕頼みですか! ・・・なかなか難しいですよ?
石田:(笑)





石田:でもこれこそ、喜多さんはやっぱり・・・彼女となんか見てるんじゃないですか?
喜多:あ!そうなんですよ! こう、二人で見ながらね?「どの組が喋ってるところがいい?」なんて話しながらねぇ・・・。「わたしは土佐さんと、中川さんがいいわ」なんていいながら。・・・「僕は港湾労働者の組がいいかなぁ」とか。
石田:それ、彼女コメンタリー聞いてないでしょう! 土佐さんはこのコメンタリーには出てないですよ(笑)!?
喜多:彼女は・・・聞いてないですねぇ(笑)。
石田:ええ(笑)!
喜多:でも・・・もうDVD買って見てると思いますよ。
石田:あ、でないと彼女とそんな話はできないですもんね(笑)。
喜多:そうですそうです。・・・石田さんは、やっぱり彼女と聞かれるんですか?
石田:・・・聞くわけないじゃない(笑)。見るわけないじゃない(笑)。
喜多:(笑)
石田:・・・「彼女の話」と「火星の倉庫DVD」って・・・(笑)。
喜多:まぁいち個人としての感想ということで・・・「火星の倉庫DVDを見れば彼女とうまいこといくよ!」っていう(笑)。
石田:役者コメンタリーで(笑)? 喜多さんは、彼女とケンカすることないんですか?
喜多:いや・・・リアルに、まぁほとんどケンカですけどね(笑)。
石田:ああ(笑)。やっぱりケンカしたときに、DVD見て仲直りする感じですか。
喜多:そう・・・ですね。
石田:やっぱり!
喜多:ウソですけどね(笑)。
石田:どっち(笑)!
喜多:いや(笑)・・・えっと。初めてこのDVDで参加させてもらって、編集も終えて完成したばっかりのDVDをいただいて帰ったんですけど。その時まさに彼女と大ケンカしてて・・・。
石田:へぇ!でも、それって編集にかかりっきりで約束すっぽかしたりっていうこともあって・・・とかでしょ?
喜多:そうですねぇ。
石田:そら怒るわー。
喜多:そうなんですよ。でもこのDVD見せたら喜んでくれるやろうと思って。彼女は峯田さん好きやし、コメンタリーも入ってるしと思って・・・いちばん空気が悪いときに出したんですよ、このDVDを。
石田:はいはい。
喜多:そしたら・・・投げられましたけどね。壁にDVDが「カンッ」って当たって・・・。
石田:(笑)
喜多:あれは・・・切なかったですけどねぇ。
石田:あれ! うまくいってないじゃないですか(笑)! だめじゃん!!
喜多:でも! やっぱり「火星の倉庫おもしろいから見ようよ」ってなったので、見せたら・・・彼女の顔がだんだんほころんできまして・・・にこやかに(笑)。
石田:でしょでしょ!? そこを言ってもらわないと! ちゃんと"セールスポイント"にはならないから!
喜多:(笑)



喜多:でもホントこれで機嫌よくなって・・・。
石田:まじっすか(笑)!?
喜多:ほんとほんと! マジですよ!
石田:え〜(笑)。
喜多:だって・・・ねぇ? このコメンタリーの空気感を前に、ケンカしようとか思わないですもん。
石田:おお!
喜多:これは・・・「イマジン」ですよね。ほんとに。
石田:あ!・・・出ましたねぇ(笑)。25歳?でしたっけ。
喜多:26ですね。
石田:26年間でいっちばん良いこと言った瞬間じゃないですか?
喜多:・・・エライ言い方しますねぇ。
石田:(笑)
喜多:(笑)でもまぁ、これはホントにだら〜っとした状態で聞いてもらうのもいいかもしれないですね。
石田:そうですね!ちょいちょい会話が聞こえるくらいでも…。
喜多:僕はよくするんですけど、DVDを流しつつ映像は見ずにネットサーフィンをするっていう。コメンタリーを聞きながら。これいいですよ!
石田:あーなるほど! いいですねぇ!
喜多:おもしろそうな場面になると、ちょっとクリックしてその場面を見て。
石田:うわーそれイイ! やる! それは、みるて!
喜多:「みるて」って! 新しいひらがなが(笑)
石田:(笑)そーいう楽しみ方もあるんだな〜。DVDならではですねぇ!
喜多:そうですね、「DVDだからこそ」ですね。
石田:うわ! いま売れた! 1本売れましたよー。
喜多:1本ですか!・・・その御ひと方のために、めっちゃお薦めしてたわけですね(笑)いま。
石田:(笑)

喜多さんのプライベートな話しまで飛び出した今回。ほとんどがウソですが火星の倉庫DVDの面白さはまったくウソはありません!
喜多さんの彼女は浮気をしています! これはほんとの話し。それではラストの隠しコメンタリーにつづくー。
(火星の倉庫DVDプロデューサー・石田剛太)