Home > 12月, 2009

2009.12.28

よいお年を~!!

091228.jpg

クリスマスイブに我ら『ベイビー&サイダー』のライブに来てくれたみなさん、本当にありがとね~。僕は次の日静岡のレコード屋さん『コーナーショップ』の店長と、丸子の丁子屋(ちょうじや)っていう広重の東海道五十三次の浮世絵にも描かれている店に行って、とろろ汁を食べて来た。とろろ汁、最高~。

大阪でやっている僕の個展が、12月31日までなので、行ってない方は是非!Tシャツや安い絵も売ってます。
KEN HAMAZAKI RED MUSEUM ー 浜崎健立現代美術館

さて日々、仕事は相変わらずやっているが、これまでほどの怒濤はなんとか過ぎ去ったので、空いた時間にアホかってほど映画を観ている。今までほとんど観れてなかったので禁断症状が出てるって程観た。つーことで『ヒネモス映画レビュー』!!

SF映画でもちと名の知れた『未来警察』を観た。いままでB級丸出しだろうな~と、二の足を踏んでいたが、観て正解だった。超~面白かった。と言うとみんなが観た場合ブーイングが起こりそうなので、SF好きが観たら最高面白い作品であった。これかなり押井守監督、影響受けてるネ。宮崎駿監督の元ネタは『やぶにらみの暴君』だが、押井監督の元ネタは『未来警察』で決まり。『パトレイバー』と『攻殻機動隊』とかかなりコレっぽい。そーゆーのを探すのが、楽しい。あとこの『未来警察』に出ている敵役、なんとkissのジーン・シモンズなのよね。けっこうなフグリ顔で、それもまたヨシ!!この映画、最高~。
未来警察

キューブリック監督の初期作品『現金に体を張れ』を観たぞ。いやぁ~これがタイトで素晴らしい。ラストも素晴らしい。90分も無い作品なので、怯まずどんどん観るがよろすぃ。こんなにカッコイイ「THE END」はなかなか無いぜ!
現金(ゲンナマ)に体を張れ

『X-メン』を観たが、中高生男子限定って感じだろうか…41歳の観る映画じゃなかったかな。『ヒドゥン』とどう違うか聞かれても上手く答えられないが、『ヒドゥン』は好きだ。久しぶりに『レポマン』を観たくなったぞ。

ニコラス・ケイジ主演『天使のくれた時間』を観た。独身でウォール街でバリバリ社長をやっているニコラス・ケイジが、クリスマスの朝に目を覚ますと昔別れた女性がとなりに寝ていて子供までいた。家は郊外の見知らぬ家で仕事も普通の仕事、一体どうやったら元の自分に戻れるのだろうか?っていう内容。これがう~ん、良かったんですよ~。泣いちゃうシーンもあったしで。これ、結構お薦めですよ。
天使のくれた時間 デラックス版

『海辺の家』を観た。余命4ヶ月と診断された建築家が、残された時間、家を自分で建てることにした。感動映画らしいのでフト観てみたが、僕にはさっぱりわからなかった。主人公は察するに短気で自分勝手な男で、余命4ヶ月と告げられてから急にいい人と思われるってストーリーは、むしが良過ぎるんじゃないか。他にも嫌な人間ばかりが登場して、あんまりいい話しと思えず、?マークだらけで終わってしまったが、どうも世間的には「とっても良い映画」らしい。なので試しにみなさんもこの映画をどう思うか、観てみるのも楽しいでしょう。僕が欠陥人間の可能性、かなりありそうだな~。
海辺の家

ブライアン・デ・パルマ監督『殺しのドレス』を観たぞ。あんた本当にヒッチコック好きね~という内容。内容はそんななんだけど、とにかく映像美が凄いったらない。デ・パルマの映像は、本当に凄い。『ボディ・ダブル』のクルクル回ってキスするシーンも良いし、『ミッドナイト・クロス』のラストの花火のシーンもいいし。この映画は美術館のシーンもいいし、カミソリの映像もいいし、カッチョいい映像満載だ。ま、内容(脚本)はちと雑っていうかアレなんだけど、とにかく映像美を見て欲しいぞ。
殺しのドレス スペシャル・エディション

格好良くて面白くて、オシッコちびりそうになった映画、それがサム・ペキンパー監督の『戦争のはらわた』であります。主演のジェームス・コバーンは僕が子供の頃から、名前といい顔といい、なんてカッコイイ俳優だろうか……と思っていた人で、とにかく本作もカッコイイ。男は全員見て欲しい映画である。とにかく編集にメチャクチャ時間がかかってそうな、すんばらしい映画である。100点!!
戦争のはらわた~Cross of Iron~

ニコラス・ケイジ主演のSF映画『NEXT』。2分先の未来が見える男が、なぜかある女性に関してだけはもっと未来が見える。その女性が運命の人なのではないか、と近づく。それとは別にニコラス・ケイジの能力に気がつき、核弾頭を盗んだテロリストとの戦いに協力してもらう為にニコラス・ケイジに近づくFBI。さて2分先の未来を読める男は、どうやってこの事態を切り抜けて行くのか……。面白そうでしょう~、面白いんですよ。もうこういう設定がフィリップ・K・ディック的で大好き!と思って観ていたら、原作がディックだった。だからこの映画ディック好きは面白がれる。でも大抵の人はディック好きじゃないので、ダメな人が多いだろう。同じディック原作の映画『マイノリティ・リポート』よりは断然面白いと思うがどうか。『マイノリティ・リポート』は未来描写に力を入れ過ぎて、今の俺は本当の俺?これって現実?的ディック世界を描ききれていないと思うのだよね。これは描けていると思う。
NEXT

脚本・倉本聰、監督・岡本喜八がおくるSF映画『ブルークリスマス』を久しぶりに観たぞ。UFOを目撃した人間は血が青くなってしまう。そしてイライラしたり、嫉妬したりの気持がなくなり、穏やかな人間になる。でも、それ以外は普通の人間と全く同じ。UFOにより人間は少し進化したのだろうか。しかし世界は……って内容で、面白いんだけど、なんだか地味。ニューヨークにロケに行ったりしてハッタリも効いてるんだけど、なんか地味。地味だけど、でも面白い。そんな映画である。狙ってやってるんだろうけど、とにかくアクションとか皆無。面白いけど地味、でも面白いし……って映画です。同じことしか書いてないな、俺。
ブルークリスマス

やっと観たフランク・キャプラ監督の『素晴らしき哉、人生!』。いきなり言うが100点です、この映画。『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』はかなりこの映画的だし、『天使のくれた時間』はまんまコレ。冒頭いきなりヘボイ特撮で宇宙が会話するのだが、それもカワイイ。主人公は真面目で地元の人間に子供の頃から慕われている存在。そのせいで自分のやりたかったことが何も出来ないで、地元にずっといる。それがある事件がきっかけで「あ~もう嫌になっちゃったもんね!」と大酒飲んで……この先はみなさん、自分の目で観てちょうだい。僕は途中何度も拍手をして、ラストはグッスンでした。しかし『天使のくれた時間』は自分のやりたかったこと全てやってる男が視点の話しで、本当にこの映画の逆を描いている。いや、描いているのは同じ部分で……みたいに両方観ると面白さも倍増である。100点なので、みんな観て!
素晴らしき哉、人生!

先週、映画『タイムマシン』を観たので、原作のH.G.ウェルズの傑作小説『タイムマシン』を読んだ。H.G.ウェルズのSF小説はいくつか読んだが、すべて主人公が口角泡を飛ばす勢いで、一人でまくしたてるスタイルである。いや、正確には序盤はおとなしめだが、中盤から後半までが一気にまくしたてる。んで本書もそうであった。ま、そんな話しはさておき、面白い。いや~面白かった。今まで読んだ『透明人間』『宇宙戦争』も同じぐらい面白かったので、この辺は超お薦めである。んで、映画で良かったシーンがほとんど映画版のオリジナルで驚いた。映画版『タイムマシン』、傑作だったんじゃないか。たぶん評価が低い部分があるとしたら、未来の地底人のビジュアルが、映画『スモール・ソルジャーズ』のアーチャーみたいだからバカにされているのかもしれない。そこさえ目をつぶれば、映画版は傑作である。
タイムマシン (角川文庫)

とまぁそんなこんなな最近で、いつの間にか2009年も終わってしまうので、みなさんよいお年を~。2010年もよろしくお願いします。写真は『コーナーショップ』の店長が作ってくれた、ハグトンのチロルチョコで~す。こーゆーサービスがあるそうな、フガフッフ

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

『かせきさいだぁ≡』『SKYNUTS』CD再発しました!
かせきさいだぁSKYNUTS

 

ダウンロード~

ハグトン・ウィジェット、要はパソコン用の時計で無料でダウンロード出来ます。
http://simple.floq.jp/portal/gallery/100w.html

 

ハグトンTシャツ販売中!

下高井戸の不思議雑貨店『ボンベイジュース』にて、バスキアハグトンT販売中で~す。
http://www.bombayjuice.com/

 

連載~

リリーさんのところで週刊連載中のカラーコミック『ハグトン』。
lilyfranky.com / ロックンロールニュース

暴走連載小説『さいだぁ先生』も週刊で連載中
http://www.europe-studio.net/cider/

男の隠れ家ONLINEで連載中の『新・ちょうどいいライフ』も要チェック!
男の隠れ家 ONLINE

ミクシィ始めました。日記をちょこちょこ更新しております。マイミク申請して読んで下さいませ~。
[mixi] かせきさいだぁ≡さん

ケイタイで、かせきさいだぁ≡の週刊コラムが読めます。通勤通学のお伴に~。そして!あなたのケイタイにハグトンが出張します。
まずはケイタイ着メロサイト『SAL洋楽MANIA』まで。
■i-modeは「i Menu →メニューリスト→着信メロディ/カラオケ→Rock/Club/洋楽」
■EZwebは「トップメニュー→カテゴリで探す→着信メロディ」
■SOFTBANKは「トップメニュー→メニューリスト→着信メロディ→J-POP・洋楽」で行くことが出来ます。

ハグトンの4コマが読めたり、待ち受け画面をハグトンに出来たり、コラムで吹き出したり。
あたなの暮らしに『ヒネモスライフ』をお届けします。
ハグトン新作待画多数配信中です。
詳しくはココまで↓
http://www.elesal.com/salmania/

↓ココでは『ハグトン』や『かせきさいだぁ≡』、『TOTEM ROCK』のCDが買えるぞ。急げ!
http://www.elesal.com/shop/salmgz/hugton/

※docomo505i以上のflash機能付きのケイタイの方はハグトンのflash4コマ(4コマ漫画がそのまま読めて、待ち受け画面にできてしまう優れもの)が楽しめます。
EZwebのflash対応機種でも楽しめますよ。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

■ハグトン、ネット通販お取り扱い店
ZOOT(bookをクリック)
コーナーショップ(その他をクリック)
トムズボックス(ピンバッチとフリップブックが買えます)
ivy
恵文社一乗寺店(その他をクリック)
池袋メディアマッサージ
SALMIX TV
※SALMIX TV以外は全て店頭でも取り扱ってまっす。

■店頭のみ取り扱い店
渋谷リブロ(パルコパート1地下1階書店)
新宿タワーレコード(フラッグス10階タワレコ書籍売り場)
タコシェ(中野ブロードウエイ3階)
神戸ONE WAY
下北沢モナレコード
下高井戸BOMBAY JUICE
仙台 火星の庭

Next »