Home > 1月, 2011

2011.01.30

食った食ったぜ2011新春!

p1090238.JPG

さてわたくし3rdアルバム発売に向けて絶賛レコーディング中なのだけど、一向に作業が進まない。なんでかな?と考えるとバンドでのレコーディングなのでオケを録るのも打ち込みで作るよりも断然時間がかかるのですね~。バンドってのは大変だが、仲間がいるという楽しさもあるわけで、辛楽しい数ヶ月を送っています。楽しいだけの人生よりも、やりがいがあるのかもしれない。みなさん気長に、おてやわらかに3rdアルバムをお待ち下さいませ~。どこでやってんだ?って写真ですけどね。

toyoda1.JPG

先日はソウルセットの川辺君と、曲の打ち合わせで自由が丘の『とよ田』へ。唐揚げ専門店と聞き、いくらなんでも他にもメニューあるだろうと思ったら本当に「砂肝唐揚げ」「手羽先唐揚げ」「もも肉の唐揚げ」「キュウリのお新香」「焼きおにぎり」「焼きおにぎりのお茶漬け」しかない、見事に唐揚げ専門店だった。そして本当に食べたことのない旨い唐揚げでビックリした。この話しを知り合いにすると「どんな唐揚げなの?」と聞かれて、困る。本当にただただ美味しい唐揚げなのだ。肉が旨いし、唐揚げのパリパリも旨い。骨までボリボリ食べれる。まぁとにかくこの川辺君の嬉しそうな顔を見よ!これ、あとスープとお新香で帰るときの顔ですよ。あ~、とにかく旨かった!

先日は新年会で浅草のおでんの老舗『大多福』へ行き、舌鼓を打った。おでんってこんなに美味しかったっけ?と驚いてあまり食べない僕が、沢山食べてしまった。おでん専門店って結構な値段をとる店が多いが、ここはリーズナブル!

otafuku.JPG

浅草『大多福』のおかげで僕の「おでんブーム」に火がついてしまい、頭の中が「おでん~おでん~」とおでんゾンビ状態になり、下北沢の『しずおか屋』に行った。静岡育ちの僕はもちろん子供の頃から静岡おでんを食べていて、とーぜん静岡おでんにはうるしゃい。この店の静岡おでんはサイコーである。本当の静岡おでんってのは駄菓子屋的食べ物でリーズナブルなのだけど、この店もリーズナブルで2人で飲み食いして一人2千円いかなかった。旨いし安いし素晴らしい!

sihizuokaya.JPG

とまぁそんな感じで今回は食ってばかりのお話しになってしまったが、たまにはいーでしょ。そうそう、ビームス様と作ったハグトングッズは相変わらず好評発売中で、僕はトリムTとワッペンパーカを毎日のように着てます。キャップもカワイイぜ。みなしゃんも是非~!
http://shop.beams.co.jp/shop/cultuart/goods.html?gid=863250

2月のライブはコレだけ!つじあやのちゃんと青山の月見ル君想フで!
http://cider-inc.com/topics/

つーことでいつものヒネモス映画レビュー!

いや~超面白かったぜ『ニューオーリンズ・トライアル』。これぞ映画!すんばらしい出来です。内容はアメリカの銃規制に関する法廷での陪審員の話しなんだが、そーゆー陪審員モノってのは『十二人の怒れる男(1957)』という傑作があるわけで、とはいえこちらもsジーン・ハックマンにダスティン・ホフマンって名優を揃えてこれは本気ですぞ~という映画。前述した二人は敵味方の弁護士、そこに『ハイフィディリティ』主演のジョン・キューザックが陪審員で絡む、「金さえ払えばどっちにもみんなを誘導してもってくぜ!」と。果たして結果は…これがみなさん是非観てみてください。本当に面白かったんだから。最後は目に涙浮かべてパチパチ拍手してしまった。しっかしジーン・ハックマンって本当に、ダサくてカッコイイね~。
ニューオーリンズ・トライアル スタンダード・エディション [DVD]

ドン・シーゲル監督とクリント・イーストウッドが「ダーティ・ハリー」の前にタッグを組んだのが『マンハッタン無宿』。内容もダーティ・ハリーの前哨戦って感じがいい。本作のクリントはアリゾナの保安官補役、そんなカウボーイばりのダーティーど田舎警官がニューヨークに仕事でやってきたって内容。ダーティ・ハリーでもそうなんだけど、クリントって凄く強いんだけど割と悪者たちにボコボコにされる。そーゆーのが妙にいい。そしてラストに公園内のバイクチェイスがあるんだけど、今撮っても絶対こんなに荒々しい迫力はでないであろう…って感じで凄い。なんなんでしょうね~、この頃の妙に荒々しい迫力感。CGじゃ絶対無理って感じ。ま、そゆ話しは置いといて、クリント好きならたまらない作品である。じゃなかったら、イマイチかもしんない。
マンハッタン無宿 [DVD]

『F/X 引き裂かれたトリック』は、前に観たのにすっかり忘れていて、また観てしまった。80年代感覚ばりばりの本作、サスペンスにスペシャル・エフェクト(SFX)の特殊効果を大々的に取り入れてます。凄腕特殊効果マンの主人公が、警察からヤバイ仕事を頼まれ、そして…という内容。ほえ~!と引き込まれつつも、ちょっと都合がいいかな?とか思ったり、そんな感じ。とはいえ映画って、すべからくこの映画より面白くあって欲しい、フトそう思いました。でもそれはけっこう大変かもね。
F/X 引き裂かれたトリック [DVD]

キューブリックの『突撃』は、電車の中でパソコンで観ていたにもかかわらず、大興奮して、最後は涙ぐんでしまったという素晴らしい作品。車内で思わず一人スタンディングオベーションしそうになった。戦争のシーンも素晴らしく、なんつー迫力!と唸った。キューブリックの映画って、なんでこんなに素晴らしいんでしょうね~。みんな観ましょうね~。
突撃 [DVD]

『地雷を踏んだらサヨウナラ』は浅野忠信演じるフリーの戦場カメラマン・一ノ瀬泰造さんを描いた映画。この映画を見る前にスカパーで戦場キャメラマンの神様ロバート・キャパのドキュメンタリー番組を見ていて、同じような戦場カメラマンが言った台詞が心に残っている。「死に近づけば近づく程、生きているという実感が湧くんだ!」全ての戦場カメラマンがこーゆー人ではないだろうが、一部には確実にそーゆータイプの人がいるのは多分事実で、この映画もそーいった戦場カメラマンを描いた作品と言えよう。もう無謀で無謀で観ていてハラハラする。戦争は愚かだ、なんてことは当たり前で、んなこと言ったら僕のこの映画レビューだって人生だって人間そのものだってもうなんだって愚かではある。そんなことより、戦争は怖い、怖いのは嫌だ、ぼかぁそう思ってます。アレ?なんの話しだっけか。とにかく自然過ぎる浅野忠信の演技が面白く、やっているとつい観てしまう映画です。
地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]

デビィット・フィンチャー監督の『ゾディアック』は、人には薦められないが超~面白かった。映画のテンポが早く、字幕を読んで「え~と、それって何だっけ?」とか「誰のことだっけ?」となったことが何度かあったが、それでも面白かった。内容は実際にアメリカであったゾディアック事件を元にした映画で、連続殺人犯が新聞社に声明文を送りつける。新聞社にいたお抱え漫画家が、その事件にのめり込み何年にも渡り独自な捜査を続ける。観終わって、すっきり感があまりない映画なのだけど、これだけ面白かったと思えたのは映像や小物がオシャレだったからだと思う。ウェス・アンダーソンの映画も話しは大したこと無い内容なんだけど、圧倒的に衣装や小物がオシャレで観て得したような気になる。本作もそんな感じの映画である。あ、あとさりげない街や風景のシーンで、これってCGなんでしょ!凄いなぁ~と妙に感心して観た。ぼかぁ『セブン』よりもこっちの方が断然好きだなぁ~。
ゾディアック 特別版 [DVD]

とまぁそんなこんなで今週はここまで。劇団ヨーロッパ企画で連載中の小説・さいだぁ先生、もうすぐ再開します!だってガンガン書いてるから。そちらもよろしく!んじゃまたね~。
http://www.europe-studio.net/cider/

p1090224.JPG

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

『かせきさいだぁ≡』『SKYNUTS』CD再発しました!
かせきさいだぁ
SKYNUTS

 

ダウンロード~

ハグトン・ウィジェット、要はパソコン用の時計で無料でダウンロード出来ます。
http://simple.floq.jp/portal/gallery/100w.html

 

ハグトンTシャツ販売中!

高円寺の不思議雑貨店『ボンベイジュース』にて、バスキアハグトンT販売中で~す。
http://www.bombayjuice.com/

 

連載~

リリーさんのところで週刊連載中のカラーコミック『ハグトン』。
lilyfranky.com / ロックンロールニュース

暴走連載小説『さいだぁ先生』も週刊で連載中
http://www.europe-studio.net/cider/

男の隠れ家ONLINEで連載中の『新・ちょうどいいライフ』も要チェック!
男の隠れ家 ONLINE

ミクシィ始めました。日記をちょこちょこ更新しております。マイミク申請して読んで下さいませ~。
[mixi] かせきさいだぁ≡さん

ケイタイで、かせ きさいだぁ≡の週刊コラムが読めます。通勤通学のお伴に~。そして!あなたのケイタイにハグトンが出張します。まずはケイタイ着メロサイト『SAL洋楽 MANIA』まで。
■i-modeは「i Menu →メニューリスト→着信メロディ/カラオケ→Rock/Club/洋楽」
■EZwebは「トップメニュー→カテゴリで探す→着信メロディ」
■SOFTBANKは「トップメニュー→メニューリスト→着信メロディ→J-POP・洋楽」
で行くことが出来ます。

ハグトンの4コマが読めた り、待ち受け画面をハグトンに出来たり、コラムで吹き出したり。あたなの暮らしに『ヒネモスライフ』をお届けします。ハグトン新作待画多数配信中です。詳 しくはココまで↓
http://www.elesal.com/salmania/

↓ココでは『ハグトン』や 『かせきさいだぁ≡』、『TOTEM ROCK』のCDが買えるぞ。急げ!http://www.elesal.com/shop/salmgz/hugton/

※docomo505i以 上のflash機能付きのケイタイの方はハグトンのflash4コマ(4コマ漫画がそのまま読めて、待ち受け画面にできてしまう優れもの)が楽しめます。 EZwebのflash対応機種でも楽しめますよ。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

■ハグトン、ネット通販お取り扱い店
ZOOT(bookをクリック)
コーナー ショップ(その他をクリック)
トムズボックス(ピ ンバッチとフリップブックが買えます)
ivy
恵文社一乗寺店(そ の他をクリック)
池袋メディアマッサージ
SALMIX TV
※SALMIX TV以外は全て店頭でも取り扱ってまっす。

■店頭のみ取り扱い店
渋谷リブロ(パルコパート1地下1階書店)
新宿タワーレコード(フラッグス10階タワレコ書籍売り場)
タコシェ(中野ブロードウエイ3階)
神戸ONE WAY
下北沢モナレコード
高円寺BOMBAY JUICE
仙台 火星の庭

Next »