暗い旅DVD3発売記念 そのころを振り返る座談会 +石田・酒井名場面集
上田 3つ目が、「タイムトラベラーを迎える旅」。
石田 これはね、こういうものを初めてやった感じだよね。
西垣 いわゆるコント回ってやつですね。
酒井 エポックメイキングな回で。
上田 未来から暗い旅メンバーの子孫がやってきたのを皮切りに、いろんな時間軸から旅人がやってくるっていう。
石田 未来から来た人、過去から来た人、パラレルワールドから来た人、っていうね。
上田 これ、すごく僕は好きな回なんですけど、ラストで、サマータイムマシン・ブルースになぞらえて、タイムトラベラーたちがベランダの外に逃げて行ったあと、カメラを振ると現在の僕らが帰ってくる、っていうシーンがあって。
石田 うん。
上田 そこのカメラワークの繋ぎのことで、西垣Dが押谷さん(番組プロデューサー)怒られたっていう。
石田 そうやったっけ?(笑)
西垣 手持ちの同ポジ(同じカメラポジションで繋ぐこと)でやってて。
みんな ハハハ(笑)。
酒井 手持ちの同ポジなんてものはないですからね。
石田 手持ちで同ポジできないもんなぁ(笑)。
西垣 でも意外とわからないんですよ。石田さん、これどうやって撮ったんやろう?って言ってなかったでしたっけ?
石田 言ってないよ(笑)。知ってるし。
西垣 えー? このDVDのコメンタリーで言ってましたよ、たしか。
石田 ウソー、言った? 言わんやろー!(笑)
酒井 これはDVDを買って確認して欲しいですね~。
上田 ここから始まるコントシリーズの先駆けになった、記念碑的な回ですね、これは。

上田 次が「盛り上がる闇鍋パーティの旅」。
酒井 盛り上がるパーティーシリーズの第一弾ですかね。闇鍋で盛り上がるっていう。
石田 たしか人気投票で1位になった旅なんだよね。
酒井 そうですね、放送開始して2年ぐらい経ったときに、それまで放送された中で一番好きな旅は? って聞いた投票ですよね。
石田 えー! じゃあすごい人気だったんだ。なんかそんな記憶に残ってる旅じゃないんだけどなぁ…(笑)。
みんな ハハハ(笑)。
上田 それが収録されたDVDを買ってもらいたいにも関わらず、言っちゃうんやね(笑)。
酒井 意外とこっちの思い入れとは違うんだなっていうね。
石田 そうそうそう、SAKEKEなんて準備も大変じゃん、収録中も盛り上がってた感触あるし。それよりもこっちなんだね。準備もそんな大変じゃないしね。
酒井 食材用意して、闇鍋パーティーをしたっていうだけですからね。
酒井
上田 画期的なのは、闇鍋をテレビで放送するっていうことで。画面がね、真っ暗になるんで。
酒井 本編の半分ぐらい黒かったんじゃないですか?
みんな ハハハ(笑)。
石田 KBS京都だから放送できたのかも知れない(笑)。ローカル局の強みというか。
酒井 しゃべってる人の顔写真とテロップを出す、っていう斬新な編集方法で。
西垣 誰がしゃべってるかわからないなと思って(笑)。
酒井 普通はね、赤外線とかで映しますよね。
上田 ほんまやな。(西垣に)なんで赤外線せんかったん?
西垣 いや、そんなんなかったですよ。
酒井 あるでしょう、赤外線ぐらい(笑)。ナイトモードみたいなの。
上田 ちょっとその技術が西垣さんには見つけられなかったというね。
西垣 はい(笑)。
上田 この闇鍋と前回のタイムトラベラーは、たしか新年の企画で、気合い入れて2つ準備した記憶があるんですよね。
石田 闇鍋も? 気合い入ってたんや。
上田 そうですよ(笑)。
石田 いや、それこそボードゲームなんかすごい気合い入れて作ったけどさー。
上田 あー、これはじゃあ、ディレクター陣と出演者は違うんですね。
西垣 そうですね。
西垣
酒井 ボードゲームは何日か寝ずに作って臨みましたよ。
みんな ハハハ(笑)。
上田 そうなんや(笑)。いやボードゲームなんか、みんなにフワッと振っただけやしなぁ(笑)。
酒井 これはやっぱり受け持った度合いによって、思い入れが違うんでしょうね。タイムトラベラーなんてやるだけやったし。
石田 うん、楽しい、ラクって記憶。
酒井 まあ誰かが頑張って準備してるんですよね。

上田 次は「インテリワードを使いこなす旅」です。これはのちのち、「インテリワードBAR 見えざるピンクのユニコーン」という番組にも化けた企画でして。
酒井 これって最初はラジオでやってませんでしたっけ?
上田 そう、「難語万歳」っていうタイトルの。
西垣 もっちゃりしてますね~(笑)。
みんな ハハハ(笑)。
石田 難語万歳のままやったら、番組になってなかったやろうな~。
上田 大歳が難語を言う、っていう企画だったんですけどね(笑)。
石田 「インテリワード」っていうのは、世間一般で使われてる言葉?
上田 いや、考えた。
石田 一般的にはなんて言うの?
上田 ないと思う。
酒井 結構いろんなジャンルから持って来てますもんね。ビジネス用語もあれば、古いことわざとか、心理学用語もあるし。
上田 そうね。あとこの旅がね、押谷さんに評判が悪くてね。
みんな ハハハ(笑)。
西垣 「ちょっとしんどかったな~」って言われましたね(笑)。勉強回なんかな~って。最初説明から入って、そのあと実践編で中川さんのお家に行くんですけど、説明が長かったみたいで。
石田 押谷さん、たま~にそういうの言うよね(笑)。
西垣 たぶんSAKEKEとか、肉体系の動きのある企画がお好きなんです。
石田 あ~。
上田 インテリワードみたいな、ちょっと難しいのになるとショートすると。
酒井 いや、別にショートはしてないと思いますよ(笑)。好みですね。