#14 京都シネマ

独断と偏見でもって京都案内させて頂きます、ヨーロッパ企画・中川晴樹でございます。

大学入学を機に京都で暮らし始めて、早20年。出会いあり別れあり、笑いあり涙ありの生活の中で、常に僕に潤いとハリを与え続けているものといえば、シネマ! シネマでございます!

今回紹介する京都シネマさんは、いわゆるミニシアター系と呼ばれる作品を上映している劇場でして、目利きの劇場主がチョイスした名作、そして迷作が上映されています。少し難しい題材や、トラウマになりそうな作品もあったりしますが、基本ここで上映されている作品に間違いは無いです。
なので、ちょっとした空き時間があれば、その時パッと入れる映画を観たって大丈夫。たいてい面白いですし、あんまりだったなーって時も思い出にはなりますし、ふかふかの座席で疲れも取れるし、何となく良い時間が過ごせた気分になります。この「何となく良い時間が過ごせる」というのは、人生においてとても大事な事だと僕は思うのです。そんな時が週に一回くらい無いとしんどくなります。京都シネマは、僕にとってそういう場所です。

京都シネマさんとは、もう随分長いお付き合いでして、「サマータイムマシン・ブルース」の映画が上映された劇場であり、舞台挨拶もさせて頂きました。あのメインキャスト達も舞台挨拶したし、別日に僕らも舞台挨拶しました。この落差。懐広いです。
その後、ヨーロッパ企画の映画イベント「ショートショートムービーフェスティバル」をやったり、京都シネマさんとの共同開催で、「京都ニューシネマ」という映画イベントを二年に一回のペースでやっています。
僕は京都シネマさんでやるイベントの担当だったので、劇場のスタッフ・谷口さんと一気に仲良くなりまして、一緒に岡山まで温泉行ったり、全裸で誕生日を祝うほどの仲になりました。
この谷口という男、三つ子だそうで、他の二人は海外に住んでるんですが、三人のうち一人が何か怪我をすると、その怪我をした同じ箇所が痛くなるんだそうです。あと、子供の頃は頭をくっつけると思考がグルグル回転して、話をしなくても、その日何があったかとか全部共有出来たそうです。
僕は全部ウソだと思っているんですが、そんな谷口も受付にいます。騙されないように気をつけてください。

京都シネマさんの入っている「COCON烏丸」という建物がまたオシャレでして、外観もそうですが、テナントも、インテリアや京都っぽい小物、個人アーティストの雑貨が置いてあるお店があったり、美味しいご飯屋さんがあったりするし、立地も地下鉄四条駅と阪急烏丸駅のすぐ上なので行きやすい。京都観光のついでに寄るにはぴったりです。

(2015.8.28)

京都案内人:中川晴樹

  • 1
  • 1
  • 1

[京都シネマ]

場所:京都市下京区烏丸通四条下る
西側620 COCON烏丸 3F
TEL:075-353-4723
http://www.kyotocinema.jp/

※定休日等詳しい情報については各スポットへお問い合わせください。

※掲載内容は取材・更新日時点での情報です。最新情報ではない場合もございますので、あらかじめご了承ください。