#18 卸売ひろばタカギ

ヨーロッパ企画のマネジャーの吉田和睦と申します。

劇団運営において飲み会や打ち上げは本当につきものであり、飲みの席があるからこそいろんな方との交流ができたり、「また明日の公演もガンバっか!」という気持ちになったりとすごく大事なのです。なので飲み会の手配や段取りが私のお仕事の大半を占めているといっても過言ではありません。オーバー気味に言うなら1年の大半は飲み会のことを考えているかもしれません。もはや劇団のマネジメントというより飲み会のマネジメントをしているのかもしれません…。
しかしながら学生時代からサークルの飲み会や社会人になってからも友人の結婚パーティや職場の納会などの幹事をやることが多かった僕にとって、このお仕事は天職と言えるかもしれません。

そんな劇団飲み会ですが、下北沢、新宿、新橋の飲み屋や京都は木屋町や四条烏丸の飲み屋で行うのもいいのですが、われわれの事務所があり、上田誠の実家・上田製菓(ヨーロッパハウス)で行なうのも本当に楽しいのです。

なぜなら時間制限がない!自分たちで好きな料理を作れる!てな具合ですから。
ただ時間制限がない分、お酒や料理に際限が無い、お金がいくらあっても足りないじゃん!と困り顔の僕に優しく微笑みかけてくれる「事務所飲み会の強い味方」が今回ご紹介する「卸売ひろばタカギ」なのです。

なんてたって「卸売」と「ひろば」ですから、その言葉にいつわりなく商品は安いし、人々が笑顔で集いやすい広々とした店舗!お酒類はエビスビールから発泡酒まで1本買いでも箱買いでも何でもござれの安定感。チューハイなんて1本100円を切る値段。かつ冷凍食品や業務用食材の品揃えが多彩。使い捨てが簡単なプラ食器が各種サイズ揃ってます。特筆すべきはお菓子売り場のどーんとした存在感とお買い得感。お店に入るとドキドキとトキメキが止まりません。

思えばいろいろな方がヨーロッパハウスでの飲み会に参加してくださいました。
本広克行監督も「サマータイムマシン・ブルース」の映画化の際は、すぐに京都に来てくださってみんなでチゲ鍋をしたし、川岡大次郎さんとはドラマの撮影で京都に来られた時に酒井君が作ったなぞの豚肉+白菜のミルフィーユ鍋を食べたし、映画「曲がれ!スプーン」の関西キャンペーンの打ち上げをヨーロッパハウスで行なうことになり、長澤まさみさんも参加してくださいました。そして懐かしいイベントBAR「カフェ・ド・念力」の買い出しもすべてタカギさんでした。

ちなみに一番最近ヨーロッパハウスで行なった飲み会は、今年の夏の暑気払い。この時ももちろんタカギさんで買ってきたものがずらり。大いに盛り上がりました。

  • 暑気払いマップ

これからも「卸売ひろばタカギ」さん、お世話になりまっせ!

(2015.10.23)

京都案内人:吉田和睦

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

[卸売ひろばタカギ]

場所:京都府京都市中京区三条通千本西入ル
TEL:075-822-1112

※定休日等詳しい情報については各スポットへお問い合わせください。

※掲載内容は取材・更新日時点での情報です。最新情報ではない場合もございますので、あらかじめご了承ください。