#24 車折神社

今回僕が紹介するのは、車折神社です。車折神社は芸能の神社として有名で、東映や大映の撮影が始まる時に祈願しに来てたみたいです。というざっくりした説明を書こうと思ってホームページを見たら、「誤解されてる方が多いのですが、車折神社は芸能神社ではありません。金運、良縁、学業をまつる神社であり、芸能神社は車折神社の敷地内になる神社です」ですって!すんません!完全に車折神社イコール芸能神社だと思っていました。車折神社の境内に、芸能神社もあるっていう、最高のやつでした。というわけで、みなさん、これからはそういう認識で、お願いしますね。

で、ですよ、そんな芸能神社が敷地内にある車折神社へは、嵐電で四条大宮から15分くらいですかね。嵐電というのは、四条大宮と嵐山を繋ぐ路面電車です。路面電車ですので、景色が全く見えない地下鉄の100倍楽しいです。バスと比べるとバスの2倍楽しいです。非常にバスに乗ってる感覚と近いんですけどたまに「これ電車なんや!」って思い出す感じでちょうど2倍楽しいです。
で、車折神社という駅があるので、そこで降りてください。想像してみてください。駅から車折神社の入り口までの距離。だいたいこれくらいかな?っていうのを。想像できました?ちょうどその10分の1くらいの距離に車折神社の鳥居があります。「思ったより近!」って言わずにはいられない距離感です。

車折神社のいいところは、企画性です。企画性がいちいち高いんです。例えば参拝の仕方を事細かに看板で教えてくれてるんです。その指示の通り参拝すれば、初心者でもすべてがうまくいくという、スタンプラリーや謎解きイベントに参加してるみたいな気分になれます。あとお守りとかも企画性が高くて、僕が取材で行った時は、期間限定の、起死回生の開運札「一陽来復」というのが販売されてました。起死回生ってのがなんとも気に入ってもう買うしかなかったです。

で、車折神社の中にある芸能神社には、芸能人の名前が入った玉垣がたくさんあるんです。もう誰の玉垣があるとか、見つけてるだけで時間を忘れるくらい楽しいです。そしてそんな芸能人のみなさんの玉垣の中に、なんと僕と石田も去年から玉垣をたててもらっているのです。これはぜひ見つけにいってみてください。ヒントは駐車場に面してるところです。西村さんも大歳くんも出してます。僕が行った時は大歳の玉垣の前に工事の足場があってちょっと残念な感じでした。字もちょっと違うらしいです。

これは石田くん本人が言ってたんですけど「玉垣を出してから仕事が好調だ」とのことです。そういえば、そもそも僕がお参りするようになったのは、加藤啓さんがここにお参りしてから、まったく舞台の仕事が途絶えないという現象をみたからこそなんです。ということでご利益もかなりありそうです。僕も次行った時は良縁の丸っこいお守りも買ってみようかなあ、と思っています。

(2016.1.29)

京都案内人:諏訪雅

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

[車折神社]

場所:京都市右京区嵯峨朝日町23
TEL:075-861-0039

※定休日等詳しい情報については各スポットへお問い合わせください。

※掲載内容は取材・更新日時点での情報です。最新情報ではない場合もございますので、あらかじめご了承ください。