#25 Espresso Cafe Phalam

ぼくは「Espresso Cafe Phalam」さんをご紹介いたします!
Phalamと書いて、「パラン」と読みまして、こちらはヨーロッパ企画の事務所の近くにありますカフェの名前です。

ちょっと一息つきたいな、という時だけではなく、打ち合わせや撮影、その合間の休憩なんかでも使わせていただきます。

暗い旅の「九鬼さんに呼び出された旅」の際には、男肉 du SoleilのJさんと、悪い芝居の植田順平さんがいらっしゃったカフェですし、暗い旅ディレクターの西垣さんが京都ニューシネマvol.4で監督された短編映画「おどりおに」の1シーンでも、店内をロケ地として使わせていただきました。
「ヨーロッパ企画です。2」の撮影の合間に、マネージャーの吉田さんと、嬉野さんと、いろんなお話をしたこともいい思い出です。

二条にある映画館からもほど近いので、友達と映画を観たあとの映画談義の時間なんかにも、よくパランさんに行きます。
大好きな映画を観たあとのそれは、本当に楽しいひとときになりますし、逆に、イマイチだったときでも、パランさんでその映画のことについて、あーだこーだと、まったりのんびりじっくりと話をしていると、「なるほど、そんな魅力があったのか!」と、映画を観ているだけでは気づけなかった面白さに気づけることがあったりもします。

それもそのはず、お店の中にはたくさんの映画にまつわる本やチラシ、映画監督や俳優さんのサインが入ったポスターがあったります。さらには、映画のイベントが開催されると、ロビーで、パランさんがコーヒーの出張販売をされているのをよく見かけます。
映画とコーヒーの組み合わせって、なんだかとっても素敵ですよね。

パランさんへ行くと、僕はもっぱら「ショコララテ」を頼みます。
これは初めてパランさんに連れて頂いた方に、オススメされたのですが、
チョコレートの甘さと、ビターなエスプレッソの相性が絶妙!
で、本当にとっても美味しいのです!

それからというもの、すっかり大好きになってしまいまして、ついついショコララテばかりを頼んでしまうのです。

他にも、ハンバーガーや定食などのフードメニューも充実していますし、本格的なスペシャルティコーヒーも楽しめるぼくが京都で一番通っているカフェがこのパランさんなのです。

JR二条駅を東側へ出ておよそ2分ほど歩いたところにありますので、上田製菓や神泉苑、二条城など二条周辺を散策される際の、足休めにパランでゆっくりまったり時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。


(2016.2.12)

京都案内人:橋本尚和

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

[Espresso Cafe Phalam]

場所:京都市中京区西ノ京北聖町24
新二条ビル1F
TEL:075-496-4843
HP:www.phalam.jp
Facebook:Espresso Cafe Phalam
Twitter:@cafephalamkyoto

※定休日等詳しい情報については各スポットへお問い合わせください。

※掲載内容は取材・更新日時点での情報です。最新情報ではない場合もございますので、あらかじめご了承ください。