[ヨーロッパスタジオ]>[ケセラセラ日和のなれそめを語る]
スタジオ編集部が、舞台『ケセラセラ日和』に向けて稽古中のお二人に、インタビュー。
出会いから、テーマとタイトルの決定へ至るまでの歴史を、存分にお届けします。

漫才コンビ「トゥナイト」としてデビュー以来、誰からも親しまれるキャラクターで人気の女芸人。コンビ解散後は司会者、パネラーとして活躍。特に関西では「なるトモ!」「ちちんぷいぷい」など人気番組のレギュラーを務め、テレビ・ラジオでその声を聞かない日はないほど。

ヨーロッパ企画の旗揚げから参加。すべての公演に出演してきた他、多くの舞台・テレビドラマにも出演。コラム執筆、ラジオパーソナリティの他、撮影・監督まで一人でこなした短編クレイアニメ映画で「第1回デジタルショートアワード」のグランプリを獲得するなど多彩な才能を発揮している。
−−−
なるほど、そういった話をヒントに「主婦」という、テーマも決まり。
永 野
で、母に「生まれ変わったら。次なにになりたい」とか・・・まあ何でも質問してたんですよ。そしたら母が「次、生まれ変わっても、女として生まれたい」って言って。「え? わりと苦労してきたじゃん」って思ったんですよ。子育ての人生やったし。「男がうらやましい」っていうこととかも、聞いてたから。けど、嬉しかったんですよ。
なるみ
うんうん。「女として生きてきたことに、後悔してない」って、ね。
永 野
うん、そうそう。「人生をちゃんと、自分のなかで納得できてる」って。嬉しくて、それで完全に主婦寄りの思考になってきて。で、そのアイデアを「よし! これだ! 次世代の主婦像を描くっていうのをなるみさんに持っていこう!」と思って。それでなるみさんに、「主婦ってすごく、自分の人生をないがしろにしてて、すごく虐げられてる存在じゃないですか。そういう主婦が奮起して、人生を豊かにしていくっていう話をしようと思ってるんですけど。その役をなるみさんにやってもらいたいんです」って言ったら、なるみさんが「主婦、そんな悩んでへんで」って。
なるみ
(笑)。すごい、ネガティブな・・・世代によると思うけど、お母さんたちの世代と、今の主婦の人って、すごいおしゃれやし、楽しんでるひともすごいたくさんいるから、そこのギャップがあるかもしれないっていう話をね、みんなでして。「吉本・女子チーム」と「ヨーロッパ・男子チーム」が。で、「そんな、かわいそうじゃないよ」っていう話になって・・・最後先生の頭から煙が出て。
永 野
そう(笑)!! 東京でガッツリこさえてきたのが、ねぇ。
なるみ
でも、ほんまに思ってること言ったほうがいいと思ったから。
永 野
そう、だからよかったですよ。そのままだったら、「男目線の、かたよった、女のはなし」に、なる可能性があったんで。まあ・・・ちゃぶ台がえしですよ。
−−−
ひっくり返された、と。
なるみ
持ち帰る、的な。
永 野
ヨロヨロでしたよ、帰りみち。
なるみ
そうそう、「女はそんな、ヤワじゃないから」っていう話になって、プレゼントの話とかもしたよね。
永 野
「女」について、もう、むっちゃくちゃ聞いたんですよ。僕、よっぽど「女偏差値」が低いんやなって思った。「女性は、コロコロ変わるんやで」と。
なるみ
プレゼントでも、「嬉しいけど・・・嬉しいねんで。けど、ちゃうやん、これ」ってあるやろ?
−−−
ええ、ええ。
なるみ
その話になったとき、先生の「コートの話」になってね。
永 野
そう。むかし、浪人時代・・・まあ、宮崎にいた時代に彼女がいて。そのころ僕バイトしてたけど、稼いでも月3万円くらいなのね。で、プレゼントで3万のコートを買ったんよ。
なるみ
すごくない?
−−−
え、稼いだぶん、まるごとですか?
永 野
まるごと。その意気込みが、嬉しいだろうと思って。しかもかわいいコートだし、と思って。で、あげたら「うわあー!」って喜んでくれたけど、1回もそれ着てるところ見たことなかった。
−−−
悲しい(笑)!!
なるみ
でも、あるやん。「嬉しいで!! 嬉しいけど・・・それ?」っていう。女の子は、そういう強い部分もあるから。
永 野
ほんとに「嬉しい」っていうのはあって、けど・・・ダサいのも、ほんとやし。両方の気持ちが、100%ある。
なるみ
両方。そうやな、女ってそんなんやから。「ヤワじゃないから、そういうことでも冷静に判断してるよ」っていう話をして。「だから、主婦の人でも、みんながみんな閉鎖的っていうのじゃないと思います」って。
永 野
「器用やで」って。なんかもう、「女は強い」って。でもそれは、うちの母も言ってたから、みんな女性は自分でそう思ってるんだなぁって。
−−−
なるほどー。それを受けて・・・。
なるみ
もうちょっと、持ちかえって・・・。
永 野
考えて・・・。でも、「群像で」っていうのもなんとなく、あって。「主婦で」っていうのも、あって。「主婦」から離れるのも、ちょっと嫌だなと思って。「主婦」は、話として何かあるぞ、と。だから、主婦の話にはしていこうと思いながら。