[ヨーロッパスタジオ][ザ・スタンバイズの生こたつ会議][生こたつ会議レポート]>[第1回〜第5回]
 

第5回 2007年1月2日

あけましておめでとうございます。
今週は中川さんが名古屋の実家に帰省中のため、土佐さん、角田さん、そして2週間ぶりの永野さんの
3人でお送りしました。
2006年のヨーロッパ企画カウントダウンイベントを振り返った後、お正月らしく書き初めをしました。

土佐さん……「服」
持ち服が少なく、いつも同じ格好をしてしまうので、今年は服を増やしたいとのこと。

永野さん……「ゼロ」
年とともに知識も経験も積み重なっていくけれど、それにおごらず、初心でやっていきたいという気持ちで。

角田さん……「金」
お金が欲しい。お金になる仕事がしたい。という切実な書き初めでした。
無事にバイトも決まったようです。

中川さん……「ねとらじ卒業」
放送中に途切れたりするのはつらすぎるので、ちゃんとした放送局でやりたい。という気持ちでの書き初め。
まだまだ頼りないとは思いますが、当分はヨーロッパスタジオでご辛抱ください、中川さん。


その他、角田さんの持ち込み企画を2つ、実験的にやってみました。
放送中にさりげなくギャグを言ってリスナーへの刷り込みを図るという企画、「サブリミナルギャグ」と、
紅白歌合戦の現場に潜入取材している設定の角田さんと永野さんが即興でレポートする「レッツゴー調査君」
「レッツゴー調査君」 は、今後も折を見て登場する企画になりそうです。
潜入先に関してご意見などありましたら、生こたつ会議BBS(毎週火曜日21時〜23時半公開)にお寄せください。

今年もどうぞよろしくお願いします。
   




第4回 2006年12月26日

今回の放送は年末企画ということで、12月31日から来年1月3日という特番目白押しの時期に、
どんなテレビ番組を見たいか話し合うという内容でした。
永野さんは客演の稽古のため引き続き東京滞在中で、マンガ喫茶からBBSへの参加となったわけですが。
始まって8分くらいの時点で音声が途切れ、そこから約4分弱、放送が停止してしまいました。
その際、状況の確認に時間がかかり、BBSでの説明や復旧も遅くなってしまいました。
予期せぬトラブルに右往左往して、土佐さん中川さん角田さんのテンションを著しく下げてしまって、
今日はかなり反省です。
しかも、復旧した後、また途切れたと勘違いした私の慌てた声が放送されるというハプニング……。
お聞きいただいていた皆さん、大変申し訳ありませんでした。

放送終了後はスタンバイズメンバーもしんみり。しばらく反省会となりました。
生放送の最後のほうで、土佐さんが中川さんに怒鳴り声を上げたのですが、聞いていたヨーロッパ企画の
メンバーから、「土佐さん、すべってたけど大丈夫?」という声が。
「収拾がつかなくなったと判断してああなった」と言いながら、土佐さんは本気でしょんぼりでした。
トラブルが起こって焦らせた結果でもあるので、申し訳ないなと思いつつ、
突然の怒鳴りに正直びっくりしていた私は、みんなの反応を聞いて笑ってしまいました。 ごめんなさい。

今年最後の放送だったのに、なんとも残念な感じになってしまいましたが……。
トラブルに慌てないよう対応策を考えていきますので、これに懲りず、来年もどうぞよろしくお願いします。
次回は、来年1月2日。もちろん生放送です。

最後に、生こたつ会議のページに関してプチ情報です。
このレポートの下にあるTシャツのロゴ、タグの部分を見てみてください。
赤が中川さん、青が永野さん、黄色が土佐さん、緑が角田さんなのですが、それぞれサイズが違っています。
小さくてちょっと見えづらいかと思いますが、よーく見ていただくと分かります。
このTシャツや、他のロゴをデザインしてくれた角田さんの仕業です。




第3回 2006年12月19日

今回の放送は、諸事情により、2006年秋から一人暮らしを始めた角田さんのお部屋からお届けしました。
中川さんと永野さんが東京へ行っていて不在のため、土佐さん角田さんの2人による生放送。

土佐さんが、ライブカメラを移動させて部屋の様子を映そうとしましたが、あまりうまくいかず、ブレまくった映像になってしまいました……。



もうすぐクリスマスということで、クリスマスに向けて、スタンバイズメンバー全員の恋愛意識調査をし、
2人で話し合うということになっていたのですが。
これは名目で、本当は中川さんだけにしか意識調査をしていませんでした。
中川さんに、20項目余りの恋愛に関する質問に答えてもらい、その結果をこっそり生こたつ会議の
ページにアップして、あーでもないこーでもないと話し合いました。
結構赤裸々な質問にも、事情を知らない中川さんは素直に答えてくれていました。
人柄のにじみ出るいい回答の数々で、今後もホームページに掲載し続けたかったのですが、
そこはお聞きいただいていた方への特典ということで、現在は意識調査のページはご覧いただけません。

その後、中川さんはどうしたらいいか?という話題になり、 あらかじめやっておいた中川さんの恋愛占いの
結果を発表したりもしました。
その結果はまあ、ここでは触れないでおきますが、土佐さん角田さん、そしてBBSで東京から参加していた
永野さん曰く、当たっているそうです。

図らずも、2週連続で中川さんドッキリが行われたわけですが、BBSへの書き込みを見る限りでは
中川さんは相当お怒りの様子。「土佐、角田、吉永に必ず仕返しする」と書かれていました。
京都へ帰る夜行バスの中で仕返しを考えているそうですが、正直怖いです。
生放送終了後に永野さんと電話で話していた土佐さんも、「怖くて中川には電話できん。」と言っていました。
今度中川さんに会うのが恐ろしい……。

ただ、中川さん。
今回の放送はかなり盛り上がったと思いますし、リスナーの方からのBBSへの書き込みも急増しました。
2人だけのスタンバイズでどうなることかという不安を良い意味で裏切られ、担当としても今回の企画は
ありでした。

来週は中川さんも含め、今回の話もひき続き語られることと思いますので、どうぞお楽しみに。




第2回 2006年12月12日

ねとらじのタイムラグを意識して少し早めにセッティングしていたら、ぼんやり始まってしまった第2回。
今週のメインは、先週の放送で候補に挙がっていた永野企画「『がけっぷちの絆』徹底検証!」
永野さんによる赤裸々な背景説明の後、実際に曲を聴いてみました。









← 手前のギターを弾いてる人が、がけっぷち作曲者の西田勝尚さん。
奥は高校時代の永野さんです。





その後、この曲をシングル化するか否か多数決を取ったところ、賛成したのは永野さんのみという残念な結果。
BBSにも「空気が崖っぷちです」という書き込みが見られる始末。
……というわけで、今回の企画は失敗!
もう一度出直すよ、と永野さん。新たに曲を書いて2月上旬にオンエアーしてみせるという宣言が飛び出しました。
スタンバイズメンバーから散々な反応を受けてヘコみ気味の永野さんでしたが、もう1曲用意してきた曲が
あるので聴いてほしいとのこと。早速聴いてみたわけですが……
実はこれ、中川さんへのドッキリだったんです。流れてきたのは中川さんが大学時代にやっていたバンド
「劇団与党」の曲、『聖者の行進』でした。中川さん爆笑のうちに、ドッキリは大成功に終わりました。

うまくいったからいいようなものの、なのですが。
実は今回の準備中、ヘッドフォンから『聖者の行進』のイントロが一瞬漏れ出るというハプニングが起こりました。
中川さんは気付いているのかいないのか微妙で、みんなひやっとした顔をしていましたが、 結局のところ
聞こえてはいなかったようでした。

ちなみに『聖者の行進』は、ヨーロッパ企画DVD第4弾、『12人の追い抜けないアキレス』の特典映像の中で、
映像と共にちょっとだけお聴きいただけます。映像もかなり衝撃的なので、未見の方はぜひ!





←永野さんが編集したらしいCD-Rです。
今回音源となった『聖者の行進』と『がけっぷちの絆』が、ビートルズなどの曲と並んで収録されています。
左側には「秘」の文字が。誰に対しての秘、なんでしょうか?





第1回 2006年12月5日

ついに始まりました!「ザ・スタンバイズの生こたつ会議」
スタジオより担当としてつきました吉永が、内容を振り返ってのレポートをお届けします。
今後、生放送の補足的な形でこちらもお楽しみいただければと思います。
記念すべき第1回。
なんと、祝電をいただきました。
「うちの家族からっていうオチじゃないの?」と半信半疑な中川さんでしたが、放送を楽しみにしてくださっているリスナーの方からのメロディー(♪世界に一つだけの花)付き電報でした。どうもありがとうございます。


第1回ということで、今回は、今後の生こたつ会議でやっていきたい企画を各自持ち寄り、発表しました。

●土佐
・稽古場レポート
なんだかんだ言ってお芝居が一番好きなので、それに繋げられるような企画をということで。
中川さんと永野さんの客演(※)の稽古場を訪れ、他の役者さんや演出家の方たちからどう思われているか?など
インタビューして、それを流したい。
それプラス、邪魔にならないように自分のアピールもしたい。
例えば、当日稽古を休んでいる役者さんがいたら代役を買って出たり、演出家の方を飲みに誘ったり、とにかくグイグイ人脈を広げていく方向で。
あわよくば、最終的には両方の公演に出てやろうという目論見のようです。
※中川…07年2月1日(木)〜4日(日) AI・HALL+小原延之共同制作 「nine(仮)」に出演。
永野…07年1月20日(土)〜28日(日) プロデュース・演出:本広克行 「Fabrica[10.0.1]」に出演。

●角田
・12月26日(火)の放送で、クリスマス特別企画としてプレゼント交換をしたい。
他の3人の反応はイマイチでしたが、角田さんはかなり手応えを感じていた様子。
・全員で富士山に登る
スタンバイズへの100の質問で、唯一4人の答えが重なったのがこれだったため。(質問:「好きな山は?」)
「その山に登りたいか?」という質問があったなら、間違いなくNOだと中川さんは豪語していましたが、
山の5合目から生放送、カウントダウンイベント明けで初日の出を拝みに行く……など、いろいろ候補が挙がってもいました。
果たして実現する日が来るんでしょうか?

●永野
・音楽がやりたい。
今年6月9日、カフェオレーベルのイベントにおいてバンド演奏した時の興奮が忘れられず、今後はスタンバイズの音楽的側面をもうちょっと
全面に出していきたい。そこで持ち込んだ企画が、「第1弾シングル『がけっぷちの絆』(※)徹底検証」
「崖っぷちの絆」を聴いてもらって、メンバーのGOサインが出ればシングルとして発表→アルバム制作→ライブツアーに繰り出す、という流れに
持っていきたい。そして金儲けしてみないか?という訴えでした。
とにかく聴いてもらいたい!と永野さんは切実で、もしかすると来週の放送でオンエアーされるかもしれません。
※「がけっぷちの絆」……永野が高校時代に作った曲。第2回SSMFでは、この曲をモチーフにしたショートムービーを制作しましたが、残念ながら締切に間に合わず、上映されないままでした。

●中川
・雑誌で連載を持ちたい。
スタンバイズで企画を持つことを念頭に置いて、いろいろな雑誌を取り上げ、スタンバイズだったらこういう企画をやるよ、とか、どういうことができるか?など検証していく。1週間前に放送で予告して、リスナーにも雑誌を手に入れておいてもらい、一緒に見ながら生放送をしたい。
例えば、「ジル」を見て、どの女の子がかわいいかを言い合う/バイト情報誌「アン」・「タウンワーク」などからいいバイトを選ぶ。バイト探し中の角田さんがバイトに行ってみてレポートする/少年ジャンプなどのマンガ雑誌から、一番かっこいい、ロックなカットやらセリフやらを探して検証→マンガを描いて投稿する(→賞金50万円の獲得)/SPA!のコーナーを取り上げてあれこれ検証する……などなど。かなり具体的です。
その他、バイト情報誌の中からもかわいい女の子を見つける、という例も挙がっていました。




←これまでのレポートTOPに戻る
        
第6回〜第10回→