[ヨーロッパスタジオ]>[ヨーロッパ企画の試験放送 M-1グランプリ1回戦への道]



戦いは1回戦から始まるんじゃない!ここから始まっている!

「M-1への道!中継レポート」はこちら



今年もこの季節がやってきました。
一年に一度ヨーロッパ企画が芸能四千年の歴史を持つとも言われる「漫才」に挑戦するこの企画!
去年、M−1グランプリで、惨敗を喫した3組、「ユーモアトリオ」「マリーゴールド」「学生グルメ」。



M−1グランプリ2006 一回戦(博多)敗退

石田と本多の同級生コンビ。
名前の由来は学生の食べるような定食なんかが大好きだから。2006年の前回は緊張しすぎて顔は引きつり、互いにマイクから離れていくという致命的なミスを。今回はつかみのギャグからしっかり笑いをとります。

本来「学生グルメ」は石田・本多の二人なんですが、本多が東京で別仕事のため急遽代役の構成作家大歳くんとコンビを組みました。
そして本多も東京で石田の代わりの相方・石原竜也さんを立てて、路上漫才に挑戦します!
というわけで学生グルメは学生グルメ(京都)と学生グルメ(東京)に分かれて合わせて2000円を集めます!


M−1グランプリ2006 一回戦(博多)敗退

土佐、中川のWツッコミコンビ。
お互いの自慢話をしたがるというネタ。
2006年一回戦では上田の「ネタをやる前のつかみで笑いを」というアドバイスを聞きつかみを1分近くやってしまいしかもスベり、ネタを半分もできずに終わったことが敗因か?
今回はネタをしっかり全部やってお客さんの笑いをつかみとります。


M−1グランプリ2006 一回戦(博多)突破
二回戦(baseよしもと)敗退

諏訪、永野のWボケに酒井がツッコミというトリオ漫才。
前回の予選一回戦ではそのコンビ名から司会の方に「ハードルの高い名前ですね」と言われていたにもかかわらず、ヨーロッパから唯一の一回戦突破。
某ネタ番組からネタ見せの依頼があったという噂も。
ヨーロッパ漫才チーム内の実力派No.1。

なのに、今年もこのまま、のうのうと再挑戦していいのだろうか?
いいわけがない!
そこで、今年は、M−1への出場料2000円を、自らの手で稼ぐべく、3組が路上漫才で武者修行!
出場料も稼げない奴らに、出場する資格なし!

 




これを持って路上に繰り出し、出場料2000円を稼いで来い!
路上漫才3点セット
コンビ名入りマイクスタンド
M-1への道、路上で怪しまれないきれいなノボリ
さい銭BOX
もちろん手段は漫才のみで!
制限時間はPM12:00からAM0:00まで!
路上場所は各コンビの自由。 

「M-1への道!中継レポート」はこちら




■本放送■(こちら
「ヨーロッパ企画の試験放送」は、大阪・ABCラジオ(朝日放送・1008KHz)から概ねの権利を譲られた
ヨーロッパ企画の上田・諏訪・石田が毎週火曜日25:30-26:00に放送しているラジオ番組。
「不思議バインダー」「群読」「M-1への道!」などの様々な企画が、毎週放送されている。
前回の各コンビのネタは「コーナー紹介のページ」でお聴きいただけます。

■試験放送×試験放送■(こちら
大阪・ABCラジオ(朝日放送・1008KHz)にて放送されている「ヨーロッパ企画の試験放送」。
番組内では放送しきれなかった内容、また企画会議をも行ってしまおうじゃないかと
毎週土曜日ヨーロッパ企画HP内のヨーロッパスタジオにて放送されているwebコンテンツ。
パーソナリティは上田誠・諏訪雅・石田剛太に加えて、「ヨーロッパ企画の試験放送」の構成作家を務める大歳倫弘の4人。