[ヨーロッパスタジオ]>[スーシーズ 特別対談&インタビュー]
大歳倫弘 [脚本・演出]
同志社大学入学と同時に'05年よりヨーロッパ企画に参加。本公演では文芸助手を務める他、ラジオの構成、テレビドラマの脚本などを務める。‘06年より舞台の脚本・演出を手掛けるようになり、‘09年からは「ヨーロッパ企画 イエティ」として京都での上演活動を続けている。
酒井善史 [ヨーロッパ企画]
‘00年よりヨーロッパ企画に参加。イエティでも担当している舞台美術では、各所から注目を集める「リアル脱出ゲーム」の装置をイベント発足当時から製作している。
■脂がのってきましたね
大歳
ということで、記念すべき第2回は、酒井さん。結婚直後、1回目の。
酒井
そうですね、結婚後初の舞台を大歳さんの脚本でやらしていただくという、非常に光栄な……。
大歳
そういうの、やめてもらっていいですか(笑)。
酒井
しかもなんと、人生初の座長公演というですね。
大歳
まだちょっとその感じ出てないでしょう?
酒井
そうですね、まだちょっと座長感出していきたいなと。いかんせん、「イエティ」発起人の石田先輩がいるんで、なかなか出しづらい。
大歳
いやいや。
酒井
別にこれはあれよ、目の上のたんこぶみたいなことではなくて、非常に頼りになる、ね。そこは協力しあっていきたいなぁという……。
大歳
(笑)。稽古場の感じはどうですか? 座長として。
酒井
座長として(笑)。喜多さんは、まあ毎回出てくれてるんで、やっぱり首藤くん、西岡さんあたりがゲストというか。
大歳
はい。
酒井
首藤くんとはヨーロッパ企画で何度かやってるんですけど。西岡さんも映像では、SSMFとかでご一緒したりっていうのはちょこちょこあるものの、ガッツリやるのが初めてだったり。首藤くんも久しぶりだったりで、心配はしてたんですけど。首藤くんがだいぶこう……。
大歳
脂がのってきましたね。
酒井
そう。
大歳
今日稽古見てて思ったんですけど、足がまた短くなってないですか?
酒井
(笑)!
大歳
びっくりしたんですよ。こんな短いんやと思って。
酒井
ねえ、良い感じに。
大歳
舞台には綺麗に収まるんじゃないかと。どんどん後から出てくるキャラが、ねぇ。首藤さんより背が高いから。どんどん、どんどん。
酒井
ねぇ。意外と、女性陣と並ぶとちょうど良い感じに。
大歳
並ぶんですよ、背の高さが。なんでしょう、あれは。いいわぁ。
■人間だもの、ですよ
酒井
今回ね、わりと主役もちゃんと置いてやっていて。だから、今は稽古も序盤なのでまだ出てきてない方とか。
大歳
そうなんですよ。それ、確かに悩みどころではあって。僕も、台本をワーっと書いちゃった方がいいんですけど、実はそろりそろりと書いてまして。
酒井
しかも、例えばこれがすごいやり慣れた今までのイエティのメンツだとしたら、「今日は誰々と誰々で」っていうのもいいかなぁと思うんですけど。
大歳
はい、はい。
酒井
まだ稽古序盤で、今回3人イエティ初めての人がいるんで、仲よくなるというか、関係性を作る期間でもあるから、来ては欲しいじゃない?
大歳
はい。それはもう、絶対来て欲しいですね。
酒井
何かやったらいいんかね、ワークショップ的なものをね。エチュードとかね。
大歳
ね。けど山脇さんが、ちょっとお姉さんな所を見せてくれて「たとえ出番がなくても、役者はそれをちゃんと見越して来てるんだから、全然そこは大丈夫だから」って言って。
酒井
っていう理論もまあ、あるけど……。
大歳
分かる。分かります。
酒井
ね。人間だもの、ですよ。
大歳
ええ、人間だもの。
酒井
(笑)。ちょっと……なんかちょっとあるだけでもラクかな、という思いもちょっとあったりして。
大歳
そうですね。で、ガーっといっちゃてもいいんですけどねぇ。
酒井
そうなんよ。そのへんが。
大歳
実はそろりと入って。
酒井
そろり書きしてるからね。まあでも、これは最初だけなんよね。出てきだしたら……っていう話なんで。
大歳
そうですね。まあけど、楽しくやらしてもらってますね。
■ようやくモテたな
大歳
あと僕が、気抜いちゃうと、すぐやっぱコントを書いてしまうクセがあって。
酒井
そうよね。前回のイエティも、いちおう最初から最後まで通したストーリーやったけど。
大歳
いや、こういうこと言ったら申しわけないですけど……練習じゃないですけど、ちょっとそれは意識してたんですよ。
酒井
今回のためにっていうことを見据えては、いた?
大歳
というか、今後こういうことをやるから、そのためのちょっと……コントを中和したという感じやったんですよ。
酒井
まあ、間くらいの感じではあったよね。で、今回はいわゆる、長編のお芝居である、と。
大歳
そうですね。
酒井
どうなんですか、どれくらい見通しというか。
大歳
実はけっこう立ってて。
酒井
ねぇ。いちおう最後まであるあらすじみたいなのは貰ってるし、日々固まっていってる感じは。
大歳
はい。けど例えば今日やったみたいな、2人のシーンって僕やったことないんですよ。いつもは何人かいるシーンばっか書くんですけど。今回それを楽しんでやらせてもらってて。
酒井
今回の見どころ、的な?
大歳
ええ。あと、女性をね。
酒井
あ、イエティ初の女性キャスト。2人ですよ、しかも。急に。
大歳
急にモテましたねぇ。
酒井
モテた結果なの(笑)? キャスティングしたんでしょう?
大歳
はい。けど「モテた」と、これは思ってます。
酒井
ああ、あれや。告白してオッケーされた感じや。しかも山脇お姉さんからねぇ。優しい言葉も。
大歳
姉さんは、ほんと頼りになります。ようやくモテたな、と。
酒井
「ようやくモテた」(笑)。
大歳
こっからどんどんモテますよ。
酒井
「モテ」は、いいわ。とりあえず「モテ」の話は、いいわ。
■「結婚してる」っていう役でもいい
大歳
あと、これ聞きたかったんですけど、ちゃんと舞台上では結婚指輪とってもらっていいですか?
酒井
ああ、とるとる。全然、すぐとるよ。
大歳
あ、そんなん、ここではとらんといて下さい。
酒井
スッてとるしスッて入れるし。
大歳
そんなん、やめて下さいやめて下さい。
酒井
大丈夫、大丈夫。それ用のガマ口買っておくし。
大歳
いやいや、大丈夫です。「結婚してる」っていう役でもいいですよ。
酒井
(笑)。気になるよね。知ってる人はね。
大歳
ちょっと見ててドキって。
酒井
「なんで?」ってなるからね。結婚指輪がね、僕目立つんですよ。
大歳
なんでなんですか? ごめんなさいお芝居に関係ない話して。
酒井
単純に普段アクセサリーとか付けないじゃないですか。で、1個だけ付いてるから「あっ」と思うらしい。しかもまだ新しいんで、ちょっと光が強いんで。これはもう、恥ずかしい話ですよ。
大歳
はい。
酒井
そのうち鈍くなってね、慣れてくるのかなと思いながらも、自分でもすごいまだ慣れないですから。
大歳
へえー、でも素敵です、似合ってますよ。
酒井
「でも」って何(笑)。