[ヨーロッパスタジオ]>[スーシーズ 特別対談&インタビュー]
大歳倫弘 [脚本・演出]
同志社大学入学と同時に'05年よりヨーロッパ企画に参加。本公演では文芸助手を務める他、ラジオの構成、テレビドラマの脚本などを務める。‘06年より舞台の脚本・演出を手掛けるようになり、‘09年からは「ヨーロッパ企画 イエティ」として京都での上演活動を続けている。
首藤慎二 [ベビー・ピー]
京都の劇団、ベビー・ピーに所属しながら、ヨーロッパ企画の本公演「囲むフォーメーションZ」「冬のユリゲラー」などにも出演。大歳作品には‘06年「グアムで見つけた奈良のボール」以来の出演。
■帰ってきたって感じです
大歳
はい、ということで本日のお客様は首藤さんです。
首藤
よろしくお願いします。
大歳
まず、いっぱい聞きたいことがあるんですけど。久々に一緒にお芝居をやることになりましたね。
首藤
帰ってきましたね。
大歳
「帰ってきた」というイメージなんですか?
首藤
帰ってきた、やっと。「ソリ」の第1回目から。けっこう遅かったよね、呼ぶのね。
大歳
あっほんとですか?
首藤
すぐ声が掛かるかと思ってたら、名前も変わって。いやもう、帰ってきたって感じです。
大歳
どうですか? 「ソリ」の第1回目は2007年くらい。学校のホールでやったお芝居に出てもらったわけですけども。
首藤
『トラの抜け穴』ね。
大歳
あれから3年。今こうなってますけど、変化とかありますか? 僕は分かんないんですけど。
首藤
いや、おっきくなってるね。
大歳
誰がですか?
首藤
大歳くん大きくなったね。
大歳
僕、大きくなりました?
首藤
いやー成長してるわ。
大歳
成長した?
首藤
成長してる。と、思います。
大歳
その言葉、待ってましたね。
■憑依してるな、今回
大歳
今回の役どころは実は、けっこう悩んでらっしゃると聞きますけども。
首藤
(笑)。悩んでますねぇ。難しいんですよ。
大歳
今回の役でしょう? 難しいですよねぇ。
首藤
大歳くんのねぇ、描いてるキャラクターに俺、たぶんまだ……。どうやったら近づけるんやろうって。
大歳
逆にね、まだまだ近づけるってことですよ。
首藤
でも、別にこれ台本のキャラクターだからとかじゃなく、ほんとだんだん役の性格みたいになってんのよ。
大歳
ほんとに、ですか?
首藤
ほんとに「俺はダメだ!」みたいな。「死ぬぞ俺はこのままじゃ」みたいな。
大歳
へえー。憑依型ですねぇ。
首藤
憑依してるな、今回。普段そんなん、ないんやけど。
大歳
いやいや憑依、いいことですよ。そのかわり自殺だけはやめてくださいね。それだけは勘弁してください。
首藤
それだけはもう(笑)。いやでも楽しいですけどね。逆に、楽しい。
大歳
あっほんとですか。それがやっぱ一番ですね。
首藤
もうねぇ、こんだけ追い込まれる役ってあんまなかったな、って。
大歳
そうでしょう?
首藤
ちょっと、好きになってるからね、この役が。だんだん、好きになってきてる(笑)。
大歳
いやいや、それは嬉しい。
首藤
今までやってきて「寝ながら台本覚えて、朝起きたら台本に囲まれてる」なんてなかったから。
大歳
今そんな感じ!?
首藤
そんな感じよ。今までトータル3日くらいそんな感じ。
大歳
うわ、すごいなぁ。
■こんなん、普通ないで!
大歳
稽古場のほうは、どうですか?
首藤
いやぁ、ベテラン勢にしごかれながらやってますよ、今。
大歳
そうですよねぇ! 首藤さんがお芝居やってるところを、全員が見てるから。全員からやっぱアドバイスとかあるんですか?
首藤
あるある。大歳くんの見てないところで、色々アドバイスを。
大歳
あっ、なんか「こうやったほうがいい」とか?
首藤
いや、普通に舞台上で、シーン練習やってる後ろでコソっと「ちょっと、もっと動けや」って……こんなん、普通ないで!
大歳
(笑)!
首藤
「下がれおまえ」とか。こんな気持ちへこまされることないで!
大歳
(笑)!!
首藤
大歳くんは気づいてないかも知れんけど。
大歳
気づいてない。舞台上で?
首藤
舞台上でシーン練やってるなかで。「もうちょい前出てや」とか。
大歳
うわそれ気づかんかったー。
首藤
(笑)!
大歳
揉まれてますねぇ。
首藤
いい意味で揉まれてますよー。
大歳
あんまりこれまで揉まれたことないですか?
首藤
いやあるけど、なんか……こんな(笑)。終わってから「ちょっとあそこ、こうした方がいいんじゃない?」とかはあるけど。やってる最中に言われるのは、あんまりない(笑)。
大歳
いやあ、すごいなぁ。そんな稽古があるんだ。知らんかった。
■もう、課題いっぱいあるわ
大歳
今や劇場入りしてるわけですけども。
首藤
劇場入りしちゃってますね。恵まれてますね。こんなに早く舞台たてて練習できるなんて。
大歳
これが立誠(小学校)の魅力ですね。ぜひここで、やってください。
首藤
ぜひやる! 来年、すぐやる!
大歳
ほんとですか(笑)?
首藤
落語会とかやりたい。イベントとかやりたい。
大歳
あっほんとですか……作品以外のこと喋るんの、やめてもらっていいですか。
首藤
(笑)! これや。この“怒り”のやつや。
大歳
これなんですよ。
首藤
この“怒る”パターンのやつやね。やってほしいところ。もう、課題いっぱいあるわ。“怒り”とか、土佐さんの“ぬりかべ”とか。
大歳
今回、喜怒哀楽ぜんぶあるでしょう?
首藤
ぜんぶある。まあ、みんなそうやけど(笑)。でも、顕著に出るからねぇ。
大歳
顕著にある。いやー楽しみです。稽古やってて楽しいですか?
首藤
楽しい。楽しい半分、悩み半分。
大歳
まあ、それはもう回数で。だから、本番迎えてからもちょっと変わってくるでしょうねぇ。
首藤
変わってくね、これは。
大歳
京都と東京でも変わってるかもしれない(笑)。
首藤
ぜんぜん違うものになってるかもしれない(笑)。
大歳
頼みますよ、ちょっと。
首藤
がんばります!
大歳
お願いします!