[ヨーロッパスタジオ]>[スーシーズ 特別対談&インタビュー]
大歳倫弘 [脚本・演出]
同志社大学入学と同時に'05年よりヨーロッパ企画に参加。本公演では文芸助手を務める他、ラジオの構成、テレビドラマの脚本などを務める。‘06年より舞台の脚本・演出を手掛けるようになり、‘09年からは「ヨーロッパ企画 イエティ」として京都での上演活動を続けている。
角田貴志 [ヨーロッパ企画]
‘04年よりヨーロッパ企画に参加。入団時のオーディションでは演技ではなく、描きためていたイラストを見せて合格となった。イラストやデザインワークも数多く手がけ、パルコシティフライヤーにてマンガ「プロもん太」を現在連載中。
■なんという録りこぼしでしょう
大歳
イエティインタビュー、ラストということで。角田貴志さんに来てもらってるわけですけども。
角田
はい。
大歳
今は、いつでしょうか……具体的な日程は言っちゃだめでしょうけど。
角田
師が走りますよ。こうなると。
大歳
そう。クリスマスがある月じゃないですか? これは。
角田
あわてんぼうなら、来てますよ。
大歳
そうですよね……まさかの「録り忘れ」ですけども。
角田
これね。
大歳
本番までに全員のインタビューを録って、どんどんテキスト化してWEBページにあげていく、というプロジェクトだったんですけど。
角田
なんという録りこぼしでしょう。
大歳
けど、そのままやったら僕の気持ちが収まらんということで、再開して。これで締めたいなと思います。ということで、とっくに全日程終了してます、イエティ『スーシーズ』でしたけど。
角田
これは“振り返り”ってことですよね。今さら宣伝したところでね。
大歳
宣伝すること、ないですね。なので……これはトータルということで、いいと思うんですよ。
角田
振り返りで何が聞きたいとかある? 僕がインタビュアーやったら全然聞けるけど。
大歳
けどそれは「僕が、みんなの話を聞いてまわる」っていうコンセプトが(笑)。
角田
ああ、そっか。
■意外といけるんやね
大歳
意外と“本棚”が“本棚”だったっていう。
角田
あれは意外な。思わぬ喜ぶべき誤算ですよ、あれは。
大歳
「喜ぶ誤算」って、ああいうことですよね。僕ら、稽古場で作りながら「なんだ、このペラペラは」って言ってたのに。
角田
「子供騙しにしか見えん」って言ってたのに。
大歳
今回、KBSアナウンサーの森谷さんという方が、京都の2回目のアフタートークで来ていただいたんですけど、昨日「そうやったんや!」と。
角田
まじで(笑)。けっこう経ってるで。
大歳
「あれ、(本は)あれへんのかー!」って。客席で見てただけじゃなく、舞台上にも立ってるのに。
角田
ほんまや。トークショーしてるのに。
大歳
さすがですよ。
角田
でも確かに、身内が観に来た後は、あのセットに入って本棚を触っていく、っていうのはありましたね。1回、撫でて。
大歳
「ああ」ってなってましたね。けど、東京だと余計に「本当だ」と思ってる人もいたり。
角田
劇場のサイズで。意外といけるんやね。いつもセットには毎回苦労してるイエティですが。
大歳
そうですよね。セットに難あり。
角田
使われない巨大な箱が2つ置かれたり、ありましたが。今回はちょっと手ごたえアリで。
大歳
そうですね、セット的には。「酒井さん、すごいんじゃないか」っていう。
角田
評価が。じゃあ、次頼む時も酒井組っていうのは、わりと候補としては?
大歳
ありますよ。酒井組か、あとはもうプロか。
角田
2択なんやな。
■やっぱ楽しんでほしい
角田
客演的には、どうでした? 結局。身内はまあ置いといて。
大歳
首藤さんもまあ置いといて。「悪い芝居」の西岡さん。とりあえず終わった後に「ありがとうございました」とお礼のメールを送ったんですよ。
角田
おお。
大歳
で、公演中にマンガを借りてたんで「もし誰か(ヨーロッパ企画の)メンバーと会う機会があれば、そのメンバーに渡しておくんで、またそういうのがあれば教えてください」みたいなメールを送ったんですよ。それが(返事)返ってこず、でした。
角田
あれ(笑)。なんか「バイト先で会ったけど、無視された」って?
大歳
いやいや、無視はされてないです(笑)。昨日、西岡さんのバイト先でバッタリ会って「いつでもいいんで、返してください」って、ひとこと言われました。
角田
どうやったんやろね、西岡さんは。打ち上げでは? 僕、ほんまの最後の打ち上げ行かんかったけど。
大歳
それが、結構遅い時間に集まったから、1時間くらいしたら全員解散、みたいになって。話ほとんどできてないんです。それに黒木さんが来たんですよ。「来たぞー!」って。で、そっから黒木さんの話題に。
角田
(笑)。
大歳
全員で「黒木? 黒木!」みたいになったんで、一切そういう話はせず。で、首藤さんが黒木さんに、京都の演劇シーンを教える、みたいなのを1時間やってたんで。
角田
そっかー。西岡さんだけ、不安やわ。楽しいと思ってたんかな。
大歳
やっぱ楽しんでほしい。
角田
そうそうそう。
大歳
こちらからは、ほんとに感謝しているという。それだけはね。
角田
ただ西岡さん、学ぶべきものが1個もなかったと思うんやけど。
大歳
(笑)。なんか、そうですよね。よく、客演の時は何か学ぶっていいますけど、それたぶん、何もなかった。
角田
何もないよ(笑)。悪い芝居に手ぶらで帰っていった。
大歳
手ぶらやったよなぁ。
■“石田先輩”怖い
角田
それに石田が……“石田先輩”がヤバかったよな。
大歳
石田さん、ヤバいですね。
角田
客演さんに、台本ダメ出しをしてもらおうとしてたのが、一番怖かったけどね。
大歳
あれ、ヤバかったですね。「マジか」と思いましたけどね。そんな時間あるんか、と。
角田
(笑)。
大歳
まあね、多かったんですけどね、台本が。で、どこをカットしたらいいか客演さんに聞く、っていう。
角田
そんなんあんのかなぁ。僕、客演行ったことないから。『アントニーとクレオパトラ』とかでも、意外とあるんかなぁ。
大歳
(笑)。
角田
「本多くん、ここ台本どこがダメだと思う?」とか。そんなん、答えられへん。“石田先輩”怖い。
大歳
あと、「焼き肉行こうやー」って言って。
角田
結局行ってないでしょ。
大歳
ねぇ。あっ西岡さん、最後の打ち上げでそれだけ言ってました。
角田
あっ「連れてけ」って?
大歳
いや「焼き肉って、どうなりました?」って。
角田
そうでしょう。でも“石田先輩”は勝手に彼女と行ってたでしょう?
大歳
そうそう。で、満足して。
角田
「もういらんわ」みたいな。
大歳
やっぱり、暴れまわってましたよね。
■それだけなんとか…
角田
今後の話だけ、ちょっと。今後の展望を。
大歳
「なんも言えねぇ」ですね。
角田
感無量、ということで。
大歳
(録音をしているスタッフ柏に向かって)これでいいですかね。
角田
満足してもらえましたかね。今回、柏さんの初制作?
大歳
いや、そういう訳でもないんですけど、今回かなり管理をね。イエティまわりを手伝っていただいたんで。
角田
最後、柏さんの感想で締めてもらって。制作からのひとこと。
大歳
そうしましょうか……いや、やめましょう(笑)。じゃあ、柏さんにこの作品を捧げる、ということで。ありがとうございました。
角田
ありがとうございました(笑)。